« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月17日 (木)

CNNの方がわかりやすい

早く収束に向かいたい原発のこと。
なぜ、こんなに対応が遅れているのか?

日本のニュースだと、「放水するので冷却できるだろう」
との報道。

一方同じ時間、CNNは
「放水するというのはよっぽどのことで、他に手段がないということ。
まだ自体は全く解決に向かっていない。
大切なのは長期にわたって冷却できること」という報道。

それ以前にしても、CNN、BBCの報道の方がはるかにわかりやすい。
なぜだか信頼もおける感じがするし、事象に対しての説明に納得がいくのだ。

なぜか?

そこには英語と日本語の特徴、違いによることも否めない。
でも、文化と宗教の違いがそこには大きくあるだろう。

地震直後に生まれた赤ちゃんの報道に、
アメリカ人のキャスターたちの顔がなごむ場面もあった。
一方、リディアでは2.17から1ヶ月が経つという報道もあった。

昨日の「池上彰の学べるニュース」はわかりやすく、
たとえ事態はよくなくても「わかったということ」に対して、
ほっとできたことが多かった。

もう一つ興味深いのは、東大教授の説明と関西の大学の教授の説明、
なんとなく違うこと。
言葉の切れ味、アプローチ。
しかし、昨日よりどちらの教授たちの切れ味も悪くなっている。不明瞭だ。


夜になって、CNNの報道では、
他の国に与える放射能の影響についてまで論じ始められた。
この戦いはまだまだ続き、先が見えていないことをはっきり示唆している。

一方日本の報道は、努力を続けていることを報道し、一抹の?安心感を
与えることを報道関係者が心がけていることがわかる。
次の危険性については触れていない。
海外メディアでの報道では、事実とこの先の可能性のみ語られる。
そこに日本語で語る時の情緒?といったものはない。

新宿駅の夜10時、人影少なく、(外は)真っ暗という南口。
それでもかなりの人が動き、駅構内はやはりドイツやオランダの普段より数倍明るい。
もっと暗くても誰も階段で転ばないだろう。

なぜ、明るさの設定がヨーロッパと日本ではこうも違うのだろう。
ヨーロッパから帰ってくると、日本の夜は都会に行けばいくほど、
いつも明るすぎると感じてしまう自分がいる。

被災地の大変さと協力の強い絆に比べ、東京の混乱が目立つ。
私たちはこの混乱や不便から何を知るべきなのか。知ることができるのか。




報道・情報、迅速で的確なことが大切だ。
そしてそれを読み解く、われわれの力が大切だ。

地面は固定されていて硬いと思っていたけれど、
プレートの下は生きていること、動くことがわかった。
(地震があるのだから当然だけれど、
今までそんな自覚はなかった。)


何事にも、その時の「動き」をキャッチし、
適切な「判断」による次なる「行動」が求められる。

悲しく、悲惨な出来事はまだ続くかもしれない。
でも、それに心痛めてばかりではいられない。
できることは何か?
できることをしよう!

こんなメッセージがある。
世界が感動したように、私も感動する。
http://www.youtube.com/watch?v=C77tDZ3Z5kE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

3/20(日)・3/21(月・祝)の講座は予定通り行います

●3月20日(日)9:30-17:30(大阪)●
AE1日コース
「音楽家ならだれでも知っておきたい『からだ』のこと」

【内容】
音楽する時に必要な「からだ」の動き・しくみ(骨の構造や機能)について
楽しく学びます。実物大の骸骨模型を使います。
脊椎・骨盤・腕(肩甲骨・鎖骨・上腕骨・とう骨・尺骨・手首の骨・手の骨)・肋骨などなど。
呼吸のしくみの説明もあります。

実際に歌ってもらい、ピアノを弾いてもらい、楽器を演奏してもらい、
それぞれの癖に「気づいて」、
なぜうまく演奏できないか、「動き」を修正していきます。
でもこの「修正」は身体が持っている「本来の動きに戻す」ということなので、
楽しく、軽く身体は動き始めるのです。

たいてい、10~20人の参加で、他の人を見ることで、
自身の「気づき」も深まります。
わきあいあいあと楽しく講座は進みます。

【定員】12名 
今回はあと1名、まだあきがあります。

詳しくはこちらから。
http://www.hirokokawai.com/andover_ae.html

次回の大阪は6月かな。
東京は4月7日(木)、7月30日(土)です。



●3月21日(月・祝)10:00-12:00(大阪)●
東大スポーツドクター・渡會公治先生の
音楽する人のための「からだ」の講座

【内容】

音楽する人に呼吸運動のレッスン
 呼吸する装置を理解しよう!
  呼吸の生理学をおさえよう!
 呼吸運動に関与する運動器の構造と機能を知ろう!
      脊椎、肋骨の動きと呼吸の関連
      ~頭を動かす脊椎・筋肉も呼吸と関連する
    ~上肢を動かす肩甲骨・鎖骨・上腕、骨盤・大腿骨につく大腰筋も
   呼吸と関係があることを感じてみよう!!

 からだをうまく使うには、からだのしくみを知り、使い方を研究する。
 いい使い方を選んでいく。

 音を立てずにできるだけたくさんの息を吸いたい。
 
  多くの先人たちの工夫を知り、
  からだの知識を総動員して体験してみよう!

   <キーワード>
     コアマッスル、脊椎、肋骨、鎖骨、肩甲骨
        背筋、腸肋筋、最長筋、前鋸筋

今回の対象は、川井弘子の講座・個人レッスンを受講したことのある人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

新しいHPが完成

12月から作っていた新しいHPが
やっと完成した。

こんな時だけれど、アップすることにした。

http://www.hirokokawai.com

Hiroko@がんばれ、日本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

地震の日、私は

 

地震が起こった時、私は東京に向かう新幹線の中だった。

熱海の手前でトンネルの中で止まった。

真っ暗ではなかったけれど、かなり暗く、トイレが使えなくなった。

エンジンも止まったから、車内はかなり静か。

周りで一斉に携帯が鳴る。地震速報が最新の携帯を持った人に入ったのだ。

(私には入らなかった。)

驚いたのは小さな子供も含めて、誰ひとり騒ぎださなかったこと。

そして皆、冷静。車内放送もわかりやすい。(車掌さんたち、ありがとう!)

携帯の電話はなかなかつながらなかった。

でもGmailはすぐに機能。友達に連絡して、家に電話してもらった。

次の駅で降りるつもりで、熱海のホテルがどこか空いていない?と探してもらった。

1時間ぐらいたった後だろうか、3070キロのノロノロ運転でひとまず、熱海駅へ。

のぞみなのでドアは開けてもらえない。

夜9時過ぎに東京駅に到着!9時間以上かかった!

そして東京駅から新宿駅まで歩き、2時間余りかかった!

なんやかや計算合わないけれど(笑)、結局、夜中の12時ごろに新宿のホテル到着!

(痩せてるはずだけれど、カップ麺とポッキー食べたからね~。)

よくなかったこと、東京駅八重洲口で割と若くてかっこいいおまわりさんが、

間違ったことを教えてくれた。銀座線で新宿まで行かないでしょ。まったくもう!

だからここでごちゃごちゃして迷い、1時間余りのロス。

よかったこと、IPhoneのマップが役立った。それを片手に道を聞いたら、

皆わかりやすく親切に教えてくれた。

特に助かったのは、皇居近くの交番で新宿までの道を聞いたら、

ちょうど新宿まで行くお兄さんが入ってきて、

一緒に新宿まで歩けたこと。さらに途中、キャリーを持ってくれたので、

俄然元気になった私。(笑)

結婚式間近で、式でどんなクラシック音楽をかけるかなんちゃら100選というCDを買って聴いているのだとか。

バッハからヘンデル、そしてブラームスにリヒャルト・シュトラウス、

はたまた「フィガロの結婚」のストーリーを説明しながら、

新宿までの2時間余り、それが結構あっという間だった。

音楽していて、よかった!

ブラ-ムスの交響曲3番やベルリオーズの「幻想交響曲」なんて

たぶん男性にはいいかもとかいって。

(かなりなはったりか?!)

土木と建築の違いは何か。。。土木は土の中のこと。。。ふ~~ん、知らなかった。

ふつうならここでLove Storyが生まれるはずが、私なのでそうはならない。。。(笑)

しかし、10月のリサイタルに奥さんと一緒に来てくれそう。。。

(結果的に?勧誘してる。。。笑えるでしょ?)

コンサートの案内を送ることになってます。

Danke !

でもほんとにありがたかった、助かった。


新宿駅○口近く、ホテルに到着すると、ロビーは帰宅難民であふれかえり、

でも私には自分が予約していたお部屋がある。

感謝しきり。Amsterdamでフライトがキャンセルになった時と同じ。

さらに、ホテルのエレベーターは動かず、

いつもなら10階とかの高層に泊るはずが今日は4階で助かった。

これまた親切なおじさんがキャりーを持ってくれて。

紳士やねん。。みんな。(なぜか大阪弁)

こういうちょっとした親切が身にしみる、災害などの

誰もが苦しい時。

それにしても余震もすごかったですよ。

さっきも。。。長いし、なんだか怖かった。

関東地方の皆さん、ちゃんと家に帰れてますか?

オランダの親友エルナから心配のメール。

一日中、日本のニュースよと。そうよ、向こうは8時間遅れ、まだ昼間だから。

皆さま、気をつけましょう。

お休みなさい。


感謝。。。。

そしてお祈りします、

今回災害に遭われた皆さまのことを。


Hiroko@車中Newsweekを読んでふ~んと感心したことはまたの便で



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »