« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月24日 (水)

「やわらかさ」について

「柔らかさとは、常に硬いのはもちろん硬い。
しかし、いつもやわらかいのも、硬いという。
しゃんとしなければならないときに、くにゃくにゃしているのは硬い証拠だ。
やわらかいとは、変化の可能性の豊かさである。」

とは、「野口体操」「こんにゃく体操」で有名な野口三千三先生の言葉である。

「野口体操」に興味を持ったのは、かれこれ25年前(年が。。。ばれる。。笑)、
ちょうど発声の疑問で頭がいっぱいになっていた時、
「原初生命体としての人間」という本を見つけ、
ものすごく感動したのを覚えている。

今はその時の疑問の多くが解けてきた。が、次なる疑問が始まっている。
そんな時、以前読んだ本が何かの拍子に出てきて、
思わぬところに線が引いてあるの見て、笑えたり、うなずけたりする。

人も感覚も変わる。だから理解も変わる。。。というのが今の実感だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »