« なぜ音楽は私たちを感動させるか~演奏家の感情と音楽的演奏 | トップページ | お香の会に初参加!~源氏三習香 げんじさんしふかう »

2011年11月25日 (金)

1月の春待ちコンサート

第4回ソプラノ川井弘子のクラシックを身近に
春待ちコンサート

日時:2012年1月15日(日)15:00開演
会場:日本福音ルーテル岡山教会
  http://lutheran-okayama-church.blogspot.com/2010/10/blog-post.html

入場料:2,000円(全席自由)

共演は
ヴァイオリン:高須昌緒 (東京音大大学院卒・東京在住)
ピアノ:高須理佳 (国立音大卒・岡山市在住)
親子の共演。。。二人とも音が美しく、真摯に音楽に向かう姿勢が
一緒に演奏していて気持ちいいです。
私もガンバろ。。。
(というわけで、12月は2週間ほどアムステルダムでレッスン受けてきます。)

わかりやすく解説を私がしながら、楽しく進めたいと思ってます。
(そうなんだなあ~、共演者が無口だと
私がしゃべることになるんだよなあ~。。笑)
ヴァイオリンとピアノのソロ曲も1曲ずつあります。
(何の曲か?さあ~。。。たぶん「愛の喜び」か「愛の悲しみ」、ピアノは??)


只今、他の、いや主なプログラムも調整中。
前半はヘンデルの「9つのドイツ歌曲集」(ヴァイオリン付きのドイツ歌曲)、
歌劇「ジュリオ・チェーザレ」よりクレオパトラのアリア。
オラトリオ「メサイア」からソプラノのアリアも?

後半は日本歌曲をおもに。
リクエスト、ありますか?

月の沙漠
宵待草
かやの木山
初恋
早春譜
朧月夜
荒城の月

いずれの日本歌曲も、ヴァイオリン付きで。

NHK「坂の上の雲」の主題歌“Stand alone”も。
どの調で歌うのか、検討中。
美しいメロディーと
歌詞にも勇気づけられます。

リサイタルとはまた一味もふた味も違うように
お楽しみいただけるのではないかと思います。

チケットやお問い合わせは下記ページの
「チケット申込」フォームから、どうぞ!
http://www.hirokokawai.com/concert.html

客席90ほどのすてきな教会での演奏会です。
どうぞ皆様、お誘い合わせの上、お早めにお申し込みください。

また教会の駐車場は台数が限られておりますので
あらかじめご相談ください。
なるべく公共の乗り物で。

|

« なぜ音楽は私たちを感動させるか~演奏家の感情と音楽的演奏 | トップページ | お香の会に初参加!~源氏三習香 げんじさんしふかう »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月の春待ちコンサート:

« なぜ音楽は私たちを感動させるか~演奏家の感情と音楽的演奏 | トップページ | お香の会に初参加!~源氏三習香 げんじさんしふかう »