« オランダのチーズ屋さん | トップページ | 突発性難聴が教えてくれたもの »

2011年12月11日 (日)

ドイツからわずか2時間

ドイツ、デュッセルドルフからアムステルダムまで、IC(特急電車)でわずか2時間。
日本でいうと倉敷~京都間と同じ230Kmだという。
そんなに近い?!
私は以前(。。。といっても、もう20年以上になるんだ。。。)
ドイツ、南の町Stuttgartに住んでいたから、なんだか意外な感じがする。

この春からデュッセルドルフ勤務になった英語が堪能なビジネスマン、
大阪で私のレッスンによく通ってきていたTさん。
この春からドイツ勤務。先日も猛吹雪の中ヘルシンキに出張。
一見、優雅に?思えるが、やはり海外での生活は大変そう。

しかし、多少不便でも、教会の鐘の音や鳥の声で朝、目が覚め
水辺には羊が飼われているという
ゆったり時間が進むと感じられるドイツの生活は
余裕を人の本質そのものに与えるのではないかと
Tさんを見ていて思った。


一緒にコンセルトヘボーの演奏会に出かける。14:15開演。
シェーンベルクの「浄夜」とホルストの「惑星」、
コンセルトヘボー・オーケストラで、
指揮はマリス・ヤンソンス。。。のはずだったのに代役~!?
どうも私はマリス・ヤンソンスを聴く機会を逃している。。。これで3回目。
ああ~~

演奏はエネルギッシュで
「惑星」は実際の演奏会では全曲聴いたことがなかったから、
なんとも興味深かった。
それにコンセルトヘボーにこれだけ金管楽器が並んだところにも
初めてい合わしたかもしれない。
すごい音量で始まる。

それにしても、いつもここに来て思うのは、音楽は振動だということ。

日曜日は11:00、14:15、20:15と3つの開演時間で、
それぞれ違ったコンサートが行われる。
無料でワインかオレンジジュースがワイングラスで飲める
ゆっくりの休憩をはさんで、2時間ほどの演奏会。

終わって外に出ると4時過ぎ、今日は天気がよかったので
まだ外は少し明るかった。

やはり、細身のTさんとはいかに体温を上げると健康になれるのかとか
(iPotにそんな読み物が入っていたから苦笑、
それなのにだめですよ、ちゃんと厚手のコートを買わないと)。
大臀筋がいかに股関節の柔軟性に影響を与えるのか、
前鋸筋がいかに呼吸に影響を与えるのか、
やはりこういう話に花が咲いた。。。。(笑)

世界はどんどん近くなる。

|

« オランダのチーズ屋さん | トップページ | 突発性難聴が教えてくれたもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツからわずか2時間:

« オランダのチーズ屋さん | トップページ | 突発性難聴が教えてくれたもの »