« 香五種~住吉香 | トップページ | 春ですね »

2012年1月31日 (火)

2月12日(日)はBMコンサート in 東京

私のレッスンを東京・横浜で受講している人たちの発表会。
生徒の発表会といえど、すでに多方面に活躍している人も多く、
コンサートとして十分、お楽しみいただけるのではないでしょうか。
皆さま、是非、お越しください。

第3回BMコンサート in 東京

2012年2月12日(日)14:30開場 15:00開演
会場:大田区民プラザ・小ホール
(東急多摩川線・丸子駅前)
http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/plaza/
入場無料

合唱はやっていたけれど、一人で歌うのは全く初めてという愛好家のレジェッロ・ソプラノ、
ヨーヨーマの演奏に感銘を受けチェロを初めて9年目という思慮深きキャりアーウーマン、
音高・音大を卒業してピアノを教えている美しき人、
子育てが一段落したので自分の演奏活動も積極的にというわけで
発声を見直したいといわれる美声の音大卒業生たち、
数々の留学経験もあり演奏会も多いが、
ここらで発声や身体の使い方を見直したいと言われるベテランの方、
普段はゴスペルを趣味で歌い、
でもクラシックにも挑戦したいと前向きな翻訳業の伸び盛りの人、
音大卒ではなく普段は事務職なのに、ここまでオペラも歌えるんだという驚きのソプラノ、
4月から小学校の教員として赴任することが決まっている教育大院修了のテノール、
音大院卒のヴァイオリニスト。。。などなど皆バックグランドは様々。

2001年に「ボデイ・マッピング」を指導する資格をアメリカで取得して、
最初に自宅のある倉敷以外で教える機会に恵まれたのは2003年、横浜でした。
それから今年でちょうど10年目。
私自身の歌う感覚も教える感覚も随分変化したなと感じる一方、
最初から変わらないのは、ただ歌うことや楽器を演奏することがうまくなるのではなく、
からだをうまく使えることで、より元気になり、
その人自身のからだと脳からのインスピレーションで音楽表現も豊かになる
という方向性のレッスンをしたいという思いでした。

先週のレッスンである生徒が、
「年末年始忙しく、ずっと風邪を引いていてからだがガチガチ、
歌う以前にからだの調子が悪すぎて、
鍼(はり)にでも行こうかと思ったんですけど、
まずは歌のレッスンを受けてからにしようと思って。。。」
と、みなとみらいでのレッスンにやってきました。

声はよく出るものの、首や背中が硬いので
彼女の思うようにフレーズが作れていないことがまずは
わかりました。背骨をほぐす体操をし、股関節を柔軟にするヨガのポーズ、
そして顎がどこから動くかなどの「ボデイ・マップ」を確認。
すると見る見る彼女の声と音楽は変わっていきました。

その後、言葉のニュアンスとフレーズが向かう方向を指示。さらに。。。
私はこういうスタイルのレッスンをしています。

(そして彼女は「鍼(はり)にいかなくてもよくなりました」と
にっこり笑って帰って行きました。)

そんな中で迎えた東京では3回目のコンサート、それぞれの
ますますの活躍を願ってやみません。

お聴き苦しい点もあるかもしれませんが、
どうか皆さま、温かくお見守りくださり、応援してください。

私は音楽に携わる者として、自分が学んだ喜ばしい経験は伝え、
疑問に思うことは修正・改良し、
これからも進んでいきたいと思います。

レッスンする時は「教える」という感覚ではなく、
「気づき」を助ける、そんな思いが最も強く、
そして自分が歌う時とはまた別の種類の
格別な喜びがあります。

そんな生徒たちとご来場くださる皆様に、
またいつも気にかけてくださる皆様方に
心より感謝いたします。

|

« 香五種~住吉香 | トップページ | 春ですね »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月12日(日)はBMコンサート in 東京:

« 香五種~住吉香 | トップページ | 春ですね »