« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

あなたの演奏、少し上手すぎたのではないですか?

以前、ご紹介したスーザン・トムズ著
「静けさの中から~ピアニストの四季~」(春秋社)
の中に、

終演後、レセプションの席で、一人の男性が
「たいへんすばらしい演奏でした」と声をかけてきた。
ところが私のすぐ近くまで来ると、彼は声をひそめてこう言ったのだ。
「でも、ちょっと伺いたいのですがね?
あなた方の演奏、少し上手すぎたのではないか、と思うのです。」

と言われた書かれてある。

そして、

それってどう意味でしょう?

と続く。


ベートーヴェンの時代は、室内楽なら誰かの家の居間か応接室で
リハーサルは最小限しか行わず、
しかもプロ奏者とアマチュア奏者の混成で、
楽器を操る技術の個人差が大きかったことがわかっているという。


そうなのか!


ということは現代の方がずっと演奏レベルは高いことになる。

しかし、現代の方が完璧だけれど神経質な演奏で
聴いている人は「くたびれる」ことが多いのではないか??
私はこの個所を読んでいる時、とっさにそう思った。

そして音楽とは本来、そのような「リラックス」の中で
音楽することが大切で、つまり音楽を愉しみつつ、
その中で技術が向上したのではないかと思う。
少なくとも今のような教育システムではない。

そうなのか、ベートーヴェンの時代は
優れた演奏家がいなかったわけではないが、
現代の演奏家のような長時間に及ぶ練習も行われなかったのなら
技術的なレベルは当然、そんなによくなかったのだ。

なのに、なぜだか確信するのは
ベートヴェンの時代の方が演奏家にも聴衆にも
もっと「音楽をする」ことの本質がわかっていたような気がする。



何だか技術的なレベルがよくなかったと聞いて
安心している自分がいる。
そして、私ももっと音楽ができるような気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

オブラドルスの3つの歌曲

10月には結局、3曲のObradorsを歌うことにした。
よく日本でも知られている
Dos cantares populares
~Del cabello mas sutil~
日本語では「一番細い髪の毛で」と訳されることが多いが
これは歌詞の一部で
オブラドルスの書いた曲目は単に
「ポピュラー・ソング」という意味だ。

お前が編んでいるその髪から
一番細くきれいな髪をもらって
鎖を一本作ることとしよう
私のそばにお前をつないでおけるように

お前の家の水がめに
おとめよ、私はなりたいな
お前が水を飲みに来るたびに
唇にキスできるように

そして
El vito エル・ビート


そして
En el pinar 松林で

カバリエが歌っているのをYou Tubeで聴いた。
あの巨体、なのに、なんともチャーミングな歌い方と表現に感動。
けれどCDは見つからないし、
参考になる日本語・英語訳もない。

ところが自分でも驚いたことに、
ドイツから帰国したばかりの最初のリサイタルで
なんと私はこの曲を歌っているのではないか。
すっかり忘れていた。
(でも、どういう経緯で??)
その時、訳に困った私は、
スペイン語の堪能な知り合いの知り合いに頼んで
訳してもらっている。
その訳があった。

けど、どうも落ち着かない。
そして困ったことには辞書を引いても出てこない単語まである。

corzaってどういう意味?

スペイン語が母国語のマリアンネ先生の力を借りて、
新たに訳してみた。
以前のとずいぶん違う。(笑)



雁のような荘厳な鳥も
きらびやかなネックレスも持ったことがない
緑の小舟を手にしたいとも思わない
ただ悲しみと愛する歌だけを胸に抱き
松で作った緑の木の家を夢見る

輝く大理石も持ったことがない
鏡を手にしたこともない
ただ雲雀とバラの花だけを望み
緑の木の家ではなく
そのかわり
緑の月の光で
照らしてくれたらいいな


きらびやかなものは何も持っていないし
望みもしない。
ただ、誰かが自分のことをささやかにも気にとめてくれるのなら
自分は満たされるだろう。


そんなロマンチックな詩に感じられる。

オブラドルスの音楽は
松林が風にそよぐ音と
月の幻想的な たおやかな光を
想像させる これまたロマンチックな音楽に
仕上がっている。

歌う方はその表現とは違って
ものすごくエネルギーがいるんだけれど。

今回のリサイタルのプログラムの、
最後に歌う予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日にはアムステルダムから日本へ

アムステルダム最終の夜。
だいたい晴れ、けれど時に雨。

半袖姿も多いけれど
私にはスプリングコートが必要な気温。
日本は連日30℃を超える猛暑だという。

ポルトガルから帰って来ると
オランダですら湿気ていると感じるのに
日本に帰ると、さて、どうなる!?

昨日のオリンピック、女子サッカーの準決勝
日本はブラジルに2ー0で勝ち、快挙。
ドイツZDFのニュースでもその様子が大々的に放映されていた。
最後に監督さんが「もう終わるのか」と時計を3回見た
場面までばっちり強調されて。(笑)

体操の内村選手のことも
チーズ屋のおにいさんと話した。
あれこれ、新しいチーズを試食しながら。
しっかり買いもして
真空パックにもしてもらったので
随分話す時間もあった。(笑)


ああ~、よき滞在だった。

そして何より、歌う時の発見が
大きかった。
まとまったことで、安心もした。

これらが、演奏会と教えることに
どのように反映されるだろうか。

挑戦はどこまでも続く。
ひとまず、もっと練習が必要だ。
自分独自の感覚をもっと明確に確立するために。
オリンピックの選手と同じだな。


絵画や小説のようにゆっくり時間をかけて
付け加えができないし、
音楽は一瞬にして終わると思っていたけれど
10月のリサイタルの曲、もっとも短いマーラーの曲
Blicke mir nicht in die Lieder 私の歌を見つめないで
で、1分30秒「も」ある。

オリンピックを見ていると、
勝負できる時間は実は長いと思えてきた。

どうなんだろ、これっていいこと??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

バスコ・ダ・ガマの国から 4 

旅は、人との偶然のちょっとした出会いで
より楽しくなるように思う。

<ポルトガル編>

1.日本人の紳士

空港で、どうも私は使えるラウンジを間違ったらしい。
クレジットカードでどこかのラウンジは使えるはずなのだけれど。

というわけで、入口で門前払いを食らいそう?!になっていると
私の直前に入ってきていた日本人の紳士が戻ってきて、
なんだか手続きをしてくれて、
私もあっさり?!入れることになった。

「どうぞ、使ってください」とその紳士は言って
去って行った。
キツネにつままれたように、しかし
お腹がすいていたので、
手際よく?!スープやサラダやパンをしっかり取って
ソファーに座る。
ガツガツ。。。きっと食べていたに違いない。

しかし、なんとかお礼を言わなければと
(一通り腹ごしらえをした後。。。笑)
その紳士を探して話しかける。
成田からの便でアムステルダムでトランジット、
これからミラノに。
イタリアで夏休暇を過ごすのだという。

特に好きな街はフィレンツェなのだそうだ。
私も行ったことがあるので
「街中が美術館みたいな街ですよね」
と続けると
ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」でも有名な
ウフィッツィ美術館の話に。
「あの作品があんなに大きいなんて、
ほんとに驚きでした。」

そして紳士はこっそり
このボッティチェりの部屋の特別な見方を教えてくれた。
窓からの光線の加減で、時間によって見え方が随分違うのだという。

ああ~、そんなふうに美術館を見たことがなかったなあ~。
確かに同じ作品でも、見る時が変わると随分印象や理解が変わることは
体験したことがあるけれど。

また、ウフィッツィ美術館に行ける日があるといいな。

そして、そこには自分の成長が「鏡」となって
作品理解と感動につながるのかもしれないな。

2.チェックインの気楽さ

アムステルダム・スキポール空港からリスボンへのフライトは
20:55発。リスボン着は22:50の予定だった。
(1時間の時差があるからオランダ時間では23:50着。)
ところが、30分以上遅れて出発、よってリスボン着は
現地時間で夜中の12時をとっくに過ぎていた。
座席はほぼ満席、そして空港に着いてからも、人がいっぱい。
こんな真夜中に、人でごった返し、何とも賑やか。

当然ホテル着は真夜中の1時近く。
そもそも夜のフライトだから、到着時間をホテルにあらかじめメールしていたんだけれど
フロントの男性は、何事もなかったように、
「僕がここにいるのだから、問題ないよ」と。
「メール?見てないけど。。」と。
初めての行く国だったので、なんだかドキドキしたけど。

日本だと、到着時間にはもっと気を使うのでは??


3.大男のブラジル人のレッスン

さて、その遅れた飛行機の中、どうも歌の練習をこっそりしていたらしい。
いろいろメロディーを思い浮かべていたら、ついハミングになったりして。
隣の席の黒人の大男が「歌っているの?」と話しかけてくる。
どうりで大きいと思ったら、ポルトガル人にあらず、ブラジル人で
リスボンの大学でグラフィックデザインの修士号を取得中なのだとか。
1週間オランダで、その前をドイツでバカンスを過ごしたとか。

ブラジルのポルトガル語と、ポルトガルのポルトガル語は
随分違うのだという。テレビ番組の関係で
ポルトガル人はブラジルのポルトガル語は理解できるけれど
その逆は難しいらしい。
そのうち、ポルトガル語の本を読みだした。なんとなく覗くと、
「読む?」というので、
適当に発音すると、「発音うまいね!」
調子に乗ってさらに読むと、今度はアクセントを直してくれ始めた。

というわけで、
ポルトガル語の最初のレッスン?!は
楽しかった。
Obrigado! オブリガード(ありがとう!)

けど、久しぶりに全く初めて聴く言葉の国に行ったので
それに、ポルトガル語は低くて、発音がわかりにくいし
なんとなく表情が暗くなっていたかもしれない。(笑)
ああ~、言葉が全くわからないって、こういうことなんだ。


4.笑顔

国外ではKLM(オランダ航空)を利用することがほとんどだが、
好きなのは、どのフライトアテンダントさんも朗らかで親切なことだ。
カナダの、アメリカの、韓国の航空会社で、嫌な思いをしたことがある。
10時間近く乗るのに、客室乗務員が雑で無愛想な場合は
こちらの疲れは倍になる。。。。と感じる。
さて、今回のアムステルダムからリスボンはわずか3時間余り。
なので機内での動きも忙しそうだ。
「アップルジュース、プリーズ!」と言って
(たぶん、にっこり笑っていたのだと思うけれど)
"Oh, your smile is beautiful. I love it.”
という言葉が溌剌とした動きとリンゴジュースとともに。

最初から別に気分が悪かったわけではないけれど
より気持ちが軽くなった自分が感じられた。

やはり海外のひとり旅は緊張するから
こんなひとことが限りなくうれしい。


5.ホテルのエレベーター

ホテルのエレベーターはガラス張りで、外の景色も一望できた。
乗ってもなかなか扉が閉まらないので、
閉めようとボタンを探すと、
ボタンは「開く」のみ。(笑)
そしてエレベーターに乗りたびに、そのドアが閉まるまでの間合いが
なんとも心もとなく、
ドアが壊れているのかな?と思ったり、
ボタンを探しそうになる自分がおかしかった。
やっと最終日の4日目、そのタイミングに慣れたというのに。。。

また、来よう!



6.エレベーターで大男

たぶん北欧あたりからか、親子3人での
家族連れ。
両親も大きいけれど、その男の子、
たて横、本当に「大男」。2m近くあるに違いない。

「大きいね~」と言わんばかりに私がにっこり見あげると
恥ずかしそうにしている。
なので「何歳?」と尋ねると
「16歳」との答え。
私は大きいことが本当に羨ましかったので
”Nice ! Have a good day !”とにっこり微笑んで
エレベーターを降りた。


7.車いすの子供たち

毎日のように朝食の折、車いすの子供を見かけた。
どれも違う家族の子供たちだ。
しかも、ごく普通に。
ただ脚の代わりに車いす、それだけのことのよう。
日本だと、こうはいくのだろうか?

つまり特別扱いもしていないし、
自分で普通に動けるという意味でも。


8.日本のコイン?!

リスボン~アムステルダムの帰りのフライトもほぼいっぱいだった。
私の席は3席ある真ん中で、左の窓側には
鼻にもピアスのセクシーなポルトガル女性、
右側には大きな女性。
何人?きれいな英語の発音。オランダ人ではない。

というわけで、残り30分ぐらいになって
突然話しかけられた。
彼女が腕にブレスレットのようにしている
「このコインの意味がわかる?」という質問。
「16歳の時に道で見つけたの。
これをつけているとラッキーなのよ」という。

コインを見ると、「大日本国 昭和十年」「十銭」の文字と
菊のご紋に、桜の小さな花、
よくできている。

「日本のものだけれど。。。。」

「ノルウェーのコインはただ女王の顔がついているだけで
こんなにいろいろな模様が入っていないわ。
毎回、新しい模様を見つけることができて、
なんだか幸福な気分になるの」
という。
なので、見つけて以来ずっとつけているのだという。
今は23歳だから、もう7年になるわと。
ノルウェーの小さな港町からリスボンにバカンスに。
直行便だと随分高いので、アムステルダム経由なのと。

彼女の満足そうな顔を見ていると
なんだか私までうれしくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

バスコ・ダ・ガマの国から 3

Cimg1295

Cimg1296

3日目、7月31日。
今日は先に観光ねと、マールテンさんが
リスボン市内の教会に案内してくれた。
名前を調べなければ。。。
バスコ・ダ・ガマのお墓のある教会です。

グラナダのアルハンブラ宮殿を
思い出した。よく似ている。

人が多くなる前にと考えてた11時ごろ。
なのに、すでに人は十分多く。。。(汗)
長~い列。

けど15分ほどで中に入れた。
その間にジプシーのような女性たちが
スカーフを腕にかけて売りに来る。
2枚で5Euro(500円)。
というわけで、後ろのポルトガル人の親子は
このスカーフを買っていた。

暑い日差しがなくなるわけだから
中はもっとひんやりするのかと思ったら
(どこもヨーロッパの教会はそうだったから、けど)
空気の温度も外と大して変わらない。
きっと建物中が連日の快晴で
温まりきっているせいなのか?!

Cimg1299

Cimg1298

バスコ・ダ・ガマのお墓。

体感温度は日本のように高くないけれど
暑い差しに疲れてきて
カフェで一休み。

Cimg1300

カプチーノを頼むと、
ここではなぜかカプチーノにあらず、
昨日もそうだったけれど、たっぷりの生クリームが乗ってくる。
要注意!

このお菓子、ポルトガルの最も有名なお菓子なんだとか。
外側は、パリパリのしゅうまいの皮といった感じ、
中はシュークリームのようにとろとろのカスタード。
お~いしい!

そして2軒隣になぜかスターバックスがあったけれど。。。
断然いいのは、歴史のあるカフェだよね。

Cimg1302

Cimg1301

迷路のように小さい部屋が奥に奥に
拡がる。壁にはタイルも。
(ああ~、写真撮り忘れ。)

連れて来てもらうとこれだからね。
名前が。。。わからない、
どこなのか実はちゃんとわかっていない。
(よくないよ~。よかったけど~。)

けど、スイーツも口に合います~。

というわけで、
このあと合わせ。
さすがにふたりとも少し疲れていて
私の声は昨日より重い。
けどけど。。。。

時間を計ると思ったより
演奏会の休憩後のプログラムが短いことを発見。
というわけで、さて、何を加えるのか?!
プログラム順から行くと、
オペラアリアか日本歌曲ということになる。
(なんという選択!。。。違いすぎる?)

むむむ。。。

さて、どうするのか?!

夜はホテル近くの海に面したレストランで
たこを食べた。
その前に、魚のスープを飲みすぎて(食べ過ぎて?)
(だって量が多かったよ!)
半分ぐらいしか入らなかった。
ちょっともったいなかったかな。

でも、今日もいい日だった。
感謝!

最後にスーパーの風景。
なんだかおいしそうです。
太陽に恵まれた国!!

Cimg1304

Cimg1305

Cimg1306

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

バスコ・ダ・ガマの国から 2

カスカイシュの町。
カフェに座っての眺め。

Cimg1285

Cimg1286

風が冷たく、しばらくパラソルの影に座っていると
寒くなってきた。
なので少し街を歩くことに。

Cimg1284_2

Cimg1283_6

Cimg1287_2 

ポルトガルでは、ディナーにはまだ早いけれどと言いつつ
7時半ごろレストランに。

最初に出てきた白いいびつな豆(何て名前?)と
白身魚のサラダ。
とってもおいしい。
それにパンにつけて食べるオリーブオイルもグ~^^)。

そしてメインはこちら。


Cimg1289

味付けもフランスのようにバターが強くもなく、
ドイツのように濃い味でもない。
何ともヘルシーで、口に合う。
デザートにはマンゴームース。
こちらも甘さ控えめで、ああ~、おいしかった。

ワインやビールも飲んで、
マールテンさんはマンゴームースの代わりに
エスプレッソ。
これだけ食べて、チップも入れて
2人分で、50Euro(5000円)だった。
オランダの半分!

皆さま、バカンスにはお勧めの国です。
食事よし、気候よし、物価安し。

Cimg1290

まだ9時半だというのに、
もう暮れ出した。
オランダとの時差1時間。。。というわけで、
オランダより先に暗くなるというわけだ。

月はほぼ満月。

Cimg1293

ビーチだけでなく、
街中をこんなサンダル?!で歩いている人が多いので
早速、私も真似して買って、一日歩いたら
何だか親指と人差し指の間が痛くなってしまった。

それに、どうもずるずる引きずってしまう。
こちらの人はそうはなっていない。

Cimg1292

ちょっと最後は興ざめの写真でしたかね?!
このサンダル、荷物を少なくしようと
ホテルに置いてきたので、
幻のサンダルなのです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

バスコ・ダ・ガマの国から 1

飛行機もホテルも、2日前に無事予約でき、
初めてポルトガルに
行ってきました。

かつて体験したことのない
まばゆい光、心地よいドライな風。

でも旅の目的は、実は、10月の演奏会の伴奏合わせ。
伴奏者のオランダ人マールテンさんは夏をいつも
奥さんの故郷であるリスボンで過ごす。
もっともつい昨日まで、イヴォンヌ・ミントンの
マスターコースがリスボンであり、その公式伴奏者でもあった。

というわけで、
ここでなんとしてもやっておかなければいけないこと、
確かめておかなければいけないことは多いと
判断した私はリスボンのマールテンを訪ねることにした。

けど、このバカンス?!を楽しまない手はない。
というか、来てみると、この太陽に包まれて
すっかりバカンス気分。
これじゃあ、働く気にならないよ。
失業率は高いらしいけど、そりゃそうだわと納得。

同じユーロなのにオランダより物価は安い。
けれど消費税は23%(オランダは19%)。
そこに行くと日本の5%とか8%、10%という議論は
ないにも等しく、少なすぎるよと言われてしまった。

Cimg1278

リスボンの中心部からさらに海の方に。
泊ったホテル。

この前の道を数分歩くと、
すぐにこのビーチに。

Cimg1273

Cimg1274

深い青。澄んだ海。
そしてこの海の向こうはアメリカ。
ああ~、バスコ・ダ・ガマの国ポルトガル。

どうもヨーロッパの向こう側がアメリカという感覚には
なじめない。
いつも世界地図は日本が真ん中だからだ。(笑)

ビーチがこんなに近いのに
ホテルの裏にはプールとテニスコートが広がる。
私のお部屋からの眺め。

Cimg1269

水着を持ってきたらよかったかな。
けど、この太陽、焼けるの大丈夫なんだろうか?!
と思うけれど。

午後からゆっくり3時間ぐらいかけて合わせをした後、
カスカイシュという港町に出かけた。
「カスカイシュ」がどうも「勝海舟」に聞えて
ひとりで受けていた。
それにしてもポルトガル語は何だかわかりにくい。
音も低いし、穏やかといおうか、はっきりしない。
イタリア語のような華やかさや明瞭さはなく、
スペイン語のような強さはない。
ホテルでもレストランでも、もちろん空港でも
主要なところ?!は英語がとてもよく通じたし、
何とも誠実な対応に、とても好感を持った。
けど、ポルトガル語の音。。。最後まで謎だった。(笑)

Obrigado オブリガード ありがとう!
Buenos Dias ブエノス・ディアス こんにちは!

この2つでずっと通した。
(笑顔があれば、1週間ぐらいはこの2語でいけるかも?!)

港町カスカイシュ。

Cimg1280

Cimg1281

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »