« 暗譜について その1 | トップページ | 2012リサイタルのプログラム »

2012年10月 1日 (月)

暗譜について その2

Nouniwa_121002_2

池谷裕二先生の「単純な脳、複雑な『私』」
音楽する時にもものすごく参考になった。
そして最近の著作「脳には妙なクセがある」
とてもわかりやすく、またまた参考になる。

このご本によると
記憶には夜寝る前の1・2時間が最適で
さらに「寝る」ということが
その記憶を整理し定着させる役割があるという。

というわけで
今度のリサイタルの曲
すぐにあいまいになるClara Schumannの歌詩があるんだなあ~。
それを夜寝る前に、もう一度暗記。
繰り返し言おうとしたら、ちょっと危ない。

が、まあいいやあ~と
そのまま寝て、朝起きて、その箇所を言おうとすると

あれっ~!?
昨日の夜よりちゃんと言えるから、驚いたぁ~。

安心して寝なきゃあ~ね。

それに確かに、無意識がやってくれることって、多いよなぁ~。
「よい経験をしたら、あとは脳の自動的な反射に任せておくだけ」
「自分のことは決して自分では知りえない」
 
 

なるほどなあ~。

「ボディ・マッピング」は豊富な語彙力と同じように、使うのが一番いいのかも
と最近、歌手らしく?!なってきたかも。
最後は個人個人の感覚の中に入っていって、
自信(たぶん自身~自らの身体ともいえる?)を
持って歌えるようになるんだなあ。


それにしてもこの写真、私のお部屋ですが。。。。
音楽するにしてはあやしすぎますかね。(笑)
頭蓋骨と喉頭の模型まで登場しています。^^)v
 

|

« 暗譜について その1 | トップページ | 2012リサイタルのプログラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39602/47285663

この記事へのトラックバック一覧です: 暗譜について その2:

« 暗譜について その1 | トップページ | 2012リサイタルのプログラム »