« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月29日 (木)

11/17(日)・2/16(日)大阪での歌う解剖学講座

3ヶ月ごとに開催の大阪での講座

「歌う感覚・使える解剖学」

 第5回 歌う時の背中の使い方
 2013年11月17日(日)13:30-15:30

  第6回 歌う時の呼吸について1
 2014年2月16日(日)13:30-15:30

会場:ムジ―クシューレ大阪・ZG室
 大阪市中央区内本町2-3-11 内本町グリーンビル5F Tel 06-6945-7776
   地下鉄谷町線「谷町4丁目」駅・3番出口より徒歩5分
   地下鉄中央線「堺筋本町」駅・13番出口より徒歩8分


講座内容:
 
  第5回のテーマは「背中の使い方」です。
  歌う時、背中がどうも硬くなる、特に首の当たりが凝って来ると
  言われる方はありませんか?
  背中全体にはどのような筋肉があり、
  歌う時、どのように使われるようになっているのでしょうか?
  まずは背中にある筋肉やその役割を知りましょう。
  そして、背中が歌うこと、あるいは呼吸のサポートにどのように関係しているのか
  学びましょう。

  第6回はいよいよ呼吸法です。今までの呼吸法については言及してきましたが、
  第6・7回でわかりやすくまとめたいたいと思います。

 

  毎回、公開レッスンの形式で実際に歌っていただきながら、
  上記のことを解説、すると声がどのように変化するのか実感していきます。

  歌うことには「からだ全体」が関係しています。
 発声に迷っている、歌うとだんだん苦しくなってくる、声が疲れやすい、
 年齢とともに声の衰えが気になる、以前はできていたのにわからなくなった、
 練習する時・教える時の新しい指針のほしい方へ!

 お誘いあわせの上、どうぞご来場くださいませ。
 講座チラシはこちら→「blcourse2013110216.pdf」をダウンロード


 講座の中で演奏してくださる方を数名募集いたします。
 お申し込みの際に、ご希望をお知らせ下さい。

定員:30名
受講料:3,500円 

お問合せ:
 E-Mail hiroko.bl.kansai★gmail.com ★を@に変えて送信してください。
 Tel/Fax 0742-93-3980 携帯080-5630-3903 担当 長谷川
お申込み:
 メールやFaxでお申し込みください。お申し込みフォームをお送りいたします。
 こちらに直接ご記入くださっても大丈夫です ➡ http://p.tl/TcZn   
その他:
 受講料は原則として、事前のお振込みをお願いしています。
  お申し込みの際に振込先をお伝しえします。

 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【札幌】10/26・27 AE2日間コース「音楽家ならだれでお知っておきたい『からだ』のこと」

Clock_130826_2 時計台~振り子のしくみ


次の日程で、札幌でAE2日間コースを開催いたします。

「音楽家ならだれでも知っておきたい『からだ』のこと」

日時:2013年10月26日(土)13:00-16:00/27日(日)13:00-16:00 【全6時間】
     全6時間の参加が必要です。
会場:ササキホール (札幌市中央区北1条西18丁目)
定員:12名

内容:
「音楽家ならだれでも知っておきたい『からだ』のこと」と
「音楽家ならだれでも知っておきたい『呼吸』のこと」(ともに誠信書房)の
2冊をテキストに、音楽する時の「からだ」のことを
実物大の骸骨モデルなどを使って
わかりやすく解説します。
また全員の方に演奏していただき、
「ボディ・マップ」の使い方を実際の演奏で試します。

どうも「からだ」が硬くなる、本番で力んでしまう、
長時間練習するとどこかが重くなる、痛くなるといわれる方、
からだのことから学ぶと、きっとそれらは解決されます。
全ての楽器に対応します。声楽・指揮にも、もちろん。

ご参加をお待ちしています。
チラシはこちら「ae20131026.pdf」をダウンロード

受講料:20,000円

お問合せ・お申込み:
hirokokawai0204★gmail.com 
 ・★を@に変えて送信ください。
 
 ・件名に「札幌AEコース」とご明記ください。
 ・お申し込みフォームをお送りします。

その他:
10月25日(金)~27日(日)に個人レッスンも行っています。
お気軽に上記までお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

札幌に行ってきました

札幌に4泊5日で行ってきました。
夏ということもあり、最後の1日はゆっくり観光、
涼しく快適な、充実した仕事と休息の5日間。

Clock Tower
A National Important Cultural Property

The development of Sapporo sa the capital of Hokkaido began in 1869,
with the help of many foreign experts, engineers and educators.
"The Clocl Tower" was built in 1878 and is therefore regarded
as both a historical and cultural symbol of Sapporo.


Clock_tower_2_130826

「時計台」、
国指定重要文化財の「旧札幌農学校演武場」は
移転されず、そのまま近代的な札幌の街にあります。
思ったより、こじんまりしていて、
2つの赤い星のマークがかわいい・・・
というのが第一印象。


内部は公開されていて、その歴史が語られています。
現代の教育と考えあわせても、とても進歩的なことと
一方で、その労苦の数々に感動を覚えることしきり。

卒業生には新渡戸稲造、内村鑑三、有島武郎など。

Notebook_of_nitobe

新渡戸稲造の「農学ノート」。
当時の授業はその多くがアメリカ人の教師たちによって
英語で行われていたといいます。



大通公園には有島武郎の文学碑~『小さき者へ』

その最後は次のように結ばれています。

「前途は遠い。そして暗い。
しかし 恐れてはならぬ。
恐れない者の前に 道は開ける。
行け 勇んで 小さき者よ」

Arishima_130826

勇気が自然と湧いてきます。
言葉の力がここにあります。


北海道庁(赤れんが庁舎)のお庭は
ドイツのようなただ住まい。
気候が近いということか、
ドイツでの留学時代を思い出しました。

Garden_akarenga_130826

中は公開されていて
北方領土問題、戦前戦後の生活など、多くの展示がありました。
結局、日本はすべての隣国と領土問題を抱えています。
解決するには、どうしたら。。。。
しっかりしたい。
思いやりを持ち、未来志向で。

Akarenga_130826_2 Lavender_akarenga_130826
The former Hokkaido Govenment Building, whose red appearance
contrasts beautifully in every season, has gained wide popularity with its nickname akarenga, or "Red Bricks."
Completed in 1888, the American neo-baroque-style brick building was designed by engineer of the Hokkaido Government and was constructed with many local building materials.


個人レッスンには
声楽、ピアノ、フルート、クラリネット、パイプオルガン、
ビオラ、ヴォーカル、ドラムの方々が。
大学生から、プロ奏者、二期会の方、教える方々、
ピティナで全国大会に進んだアマのピアノ愛好家の方まで。
共通していることは、皆さん、ものすご~く音楽的で、愛情豊かな演奏をされること。

それとおかしかったのは、足指の動きの素晴らしさ!
『ボディ・マッピング』の復習に、
足をメインにしようと、足の骸骨モデルを持参、
「足には何個の骨がありますか?」など質問しながら。
(答え:「26個です。」)

そして足の指がどのくらい動きますか?開きますか?
と動かしてもらうと。。。すっすごい!
なんでも、冬に雪をしっかり踏みしめて歩くからなんだそう。
「プールの中で、隣の人のふくらはぎをつまめますよ」
という人まで。(笑)

次回は10月で「音楽家ならだれでも知っておきたい『からだ』のこと」
の2日間フルコースを開催します。
(10月26日(土)13:00-16:00,27日(日)13:00-16:00 詳細は後述)


最後の1日、4月に偶然?再会した大学院時代の友達と
洞爺湖と支笏湖にドライブに出かけました。
なんとも穏やかな落ち着いた夏休暇の1日となりました。

Toya_lake_1_130827

Toya_lake_2_130827

洞爺湖 Toya-Lake


Shikotsu_lake1_130827

Shikotsu_lake2_130827

Shikotsu_lake3_130827

支笏湖 Shikotsu-Lake

ちょっとお天気悪そうに見えますが、
あれだけ雨の予報が出ていた中、雨に降られることはなく
無事に新千歳空港に着きました。
空港ではかなりな混乱、なんでも札幌駅からの快速エアポートが
大雨のため運休になったそう。
なんて運が良かったんでしょう。大雨??!だなんて。

一方、ドライブの途中には、こんな風景が

Mushroom_130827

ランチにきのこ汁、最高でした!
このキノコセット、私も買いました。840円也!
なめこがやたら巨大なり。(笑)

マイタケを手にうれしそうな友人は、アイヌ音楽の研究者。
「開拓団」もアイヌ側から見ると全く違うそう・・・なるほど。
民族の多様性はいつの時代にも課題が。
思いやりを持って、違いをそのまま理解しようと心がける
対話が必要なことには、いつまでも変わりがないでしょう。



Marrow_squash_130827_2

かぼちゃにもこんなにたくさんの種類!?
揚げかぼちゃも食べました!


Apples_130827_2

リンゴ畑、少しだけ色づいていました。



Silver_grass_130827_2

もうすすきがこんなにも。。。
北海道の晩夏。
気温は18℃。

お陰様で充実した滞在となりました。
札幌の皆さん、本当にありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »