« 2014年のリサイタルJuly・3回公演~倉敷・京都・東京 | トップページ | ドリトル先生とシンカロットの意味 »

2013年12月 3日 (火)

富山でのボディ・マッピング講座

Fuji_20131205

12月5日(木)富山から羽田に向かうフライトでの一枚です。
左後ろには富士山が見えています。

東京から5泊6日の富山滞在、
今までの中で最長でした。

1日(日)は洗足音大の校舎の後、新川・学びの森 桜ホールで
ボディ・マッピング2時間入門講座
「音楽家ならだれでも知っておきたい『からだ』のこと」を
久々に開催しました。

131201ae_toyama1 131201ae_toyama2

ヴァイオリン、ピアノ、フルート、声楽(ソプラノ)の方に
実際に演奏していただき、公開レッスン形式で、
『ボディ・マッピング』とは何か、
それがわかると、正しく修正されると、
どのように音が変化するのか、
演奏時のからだの感じ・状態・今まであった痛み・息苦しさが
どのように変わるのか・改善されるのか
体験していただきました。

Bm_2hour_toyama_flute_20131201


何よりも公開レッスン形式でいいのは、
私の注意や「ボディ・マップの修正」により
音の変化がどのように起こるかが
一目(一聴?)瞭然なことです。

しかも、わずかな「気づき」から起こる、
大きな効果が起こるのです。
人間のからだは不思議です!

「塵も積もれば『癖』となって」先に進めなくなっている方に
新たなヒントで気づいていただき、
励まし、先に進んでいただく講座です。


すばらしい会場なのですが、富山市内から車で1時間と
便の悪い会場ということもあったのか、参加は30名弱と少な目でしたが、
それでも金沢方面から車で2時間以上かけて来て下さっている方などいて
ありがたいことでした。

とても有意義な講座になったと思っています。
何よりも皆さんの反応がよく、
浸み入るようにとても熱心に聞いてくださいました。
終わった後も挨拶に来て下さる方、質問を熱心に続けられる方など
多くの方に囲まれました。



後援をいただいていた北日本新聞に、
このような記事が翌朝、載りました。
新しい輪転機で、カラーが多いことが自慢の地元紙です。
取材に来て下さっていて記者さんも、なんだかじっくり聞いてださってました。
(ありがとうございました!)

Kitanippon_shinbun_20131202 <北日本新聞 2013年12月2日(月)>

2時間の講座の後、
午後からは「グループレッスン」を行いました。
チラシにはこの名前しか表記せず、
きちんと説明をしていなかったので
意味がよく伝わらなかった方もあったようです。
「グループで受講してください」という意味ではなく、
「一人ひとりご参加ください。。。但し、
全体としては数人での
グループレッスンですよ」という意味でした。
1人/1時間の「個人レッスン」に対して
「グループレッスン」という意味で
2時間を数名で行うものです。
8名定員でしたが、
結局、4名(ヴァイオリン・ホルン・ピアノ2名)の方が受講され、
たっぷりと時間がありました。

自分の変化とともに、
楽器は違ってもお互いの明確な変化を目の当たりにすることで
「ボディ・マッピング」の効果や「気づき」を
高められます。
講座と併用することで、倍以上理解が進むと
お勧めです。
勿論、2時間講座・2時間グループレッスン・
日を改めての1時間個人レッスンと3セットで
受講された方があり、3倍以上の効果があったと思われます。

何でもそうですが、
「ボディ・マッピング」も時間をかければかけるほど
理解が進み、身につきます。

それにしても、この日、最も感じたのは
ヴァイオリンやフルートで
指がうまく動かないことが
こうまでも立ち方(膝蓋骨の位置や膝関節の認識)で
改善されようとは。
指のことはもちろん、肩のマッピングさえまだなのに
明らかにその動きや音が改善されたのです。

また、本番で「あがる」ことが、
どのように体重が脊椎を運ぶかを認識、
体験することで、からだ全体に安心感が広がるか、
「あがらなくなる」かを
私自身も改めて目の当たりにいたしました。
受講してくださる方のお顔の表情が、みるみる変わっていったのです。

練習は少し多めに欲張って、しかもプレッシャーをかけてするものではなく、
「安心して本番が迎えられるように」
「安心感が増す」ように、少しずつ、
実は「少な目に・少な目に」
回数を多く練習することの方が効果的なこともあるのです。
なぜなら、一旦、からだに無理が掛かり始めると
からだは思ったように動けなくなるのです。

まずはうまくいかないことを「許し」Allow
忍耐強、く時間をかけて取り組もう!と話しました。
「まずはどのくらいできないのか、知りましょう!
それは次なるすばらしいステップにつながるのです!」

冬が長く、雪に閉ざされる北陸の人たち、
控え目で自分に厳しいだけではなく、
だからこそ、自分に寛容に、じっくりと先に進めますね
とお話しました。

北陸の皆さん、
ありがとうございました!


来年2014年は
★7月27日(日)に同会場・新川<学びの森>桜ホール(富山県魚津市)で
★9月14日(日)には石川県立音楽堂・交流ホール(JR金沢駅前)
「音楽家ならだれでも知っておきたい『からだ』のこと」
(どちらも10:00-12:00を予定)を
開催いたします。

今回、ご都合が悪かったといわれる方、
どうぞお誘いあわせの上、ご来場ください。
プロの方も先生方も、愛好家の方も、
あなたの音楽生活をリフレッシュさせる
きっとよいことが起こります!


そして旅の最後は
射水市でズワイガニを食べました。
2匹とも生きてました。

Kani


なので、片側の脚はお刺身に、
真ん中は焼いてもらい、
もう片側の脚は茹ででもらいました。

Kani_2

う~~~ん、美味!
富山でカニを本格的に?!食べるのは
初めてでした。

そして新湊大橋の美しかったこと。

夜10時過ぎなのに
ロシア人の子供連れのご家族にも、
釣りに出かけるらしいおじさんにも
出会い、「こんばんは!」と挨拶を交わしました。


富山市から車で30分余り、
連れて行ってくれたのは
BM北陸事務局の政二さんでした。
北陸地方でのレッスンのお問合せは
こちらです。

==============================================
音楽家のための『ボディ・マッピング』研究会・北陸支部

(略称:BM北陸)
 事務局
 政二 義之 MASANI Yoshiyuki

 E-Mail: hiroko.bm.hkrk@gmail.com
  Tel: 090-8095-5228
==============================================

来年も4回、北陸地方に伺います!

 

 

|

« 2014年のリサイタルJuly・3回公演~倉敷・京都・東京 | トップページ | ドリトル先生とシンカロットの意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39602/54179043

この記事へのトラックバック一覧です: 富山でのボディ・マッピング講座:

« 2014年のリサイタルJuly・3回公演~倉敷・京都・東京 | トップページ | ドリトル先生とシンカロットの意味 »