« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月29日 (木)

梅干しを漬ける季節になりました

そろそろ梅干しを漬ける季節でしょうか。
我が家では母がほぼ毎年、漬けています。

そして、出て来たこんなメモ用紙。。。

・平成10年6月24日(日)
  弘ちゃん門下生発表会
  市立美術館にて
  福大合唱団も出演

・平成15年6月4日
  梅1Kg 氷砂糖2袋 ホワイトリカー1本
  弘ちゃん6月2日アメリカへ
   サンフランシスコ~ポートランド
   国際会議参加
   13日シカゴより帰国、成田へ

・平成20年に漬ける時
  梅(大)2kg 塩300g
  梅は黄色くなるまで箱に広げて
  涼しいところに置く(1日~2日ぐらい)
  ホワイトリカーを上からかけると
  塩もよくとけるしカビもこない
  (カップ1ぐらい)重しをする
  梅酢が上がったらしそを入れる
  ガラスの皿で上からおさえておく
  容器は洗ってかわかしエタノールでふく
  土用干しはしそもいっしょに干す
  (そしたら皮がやわらかくなる)


・平成22年6月8日(大安)
  小梅3Kg 塩450g
  ビンはエタノールでふく
  しそ2束(1束400-)
  ホワイトリカー 1Cupふり入れる
  弘ちゃん 17日オランダへ

・平成23年6月8日(大安)
  梅3Kg 塩450g
  梅500-
  しそ2束800-
 
・平成24年6月11日(先勝)
  梅3Kg(○○さんよりもらった) 塩450g しそ2束

・平成25年6月4日(大安)
  梅3Kg 塩450g
    弘子 東京へ、富山へ


うわあ~、懐かしい「福山大学合唱団」
その当時、私は福山大学の一般教養で音楽の授業を受け持っていて
多い時は週8コマも授業をしていた。
楽しかったなあ~。そして混声合唱団ができたのだ。
男声が(私に騙されて?)ドイツ語で歌ったウエーバーの「狩人の歌」、
今でもよく覚えている。上手でびっくり!

シカゴから帰って来たのは、
アンドーヴァー・エジュケーターの会議にポートランドで参加したあと
シカゴのEricに会いに行ったのだ。
彼は倉敷で英語助手をしていて
オランダ留学前の私の英語は、彼のレッスンで進歩したのだ。
あの頃、倉敷の英語助手のネイティヴたちと交流をよくしてたな。
(倉敷はアメリカのカンザスシティとニュージーランドのクライストチャーチと姉妹都市だ。)

当初のうちおかしかったのは、
Ericの英語は聞き取れるのに、
Patrickの英語は聞き取れなかったこと。。。。(笑)
今でも聞き取りやすい英語と聞き取りにくい英語があるよなあ~。
そういえば、私の日本語は聴き取りやすいとフランス人に言われて
交換レッスンをしたこともあったなあ~。


しかし梅干しのメモに
私のことが書いてあるなんて。。。
母です。。。。はははっ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

Skypeでのレッスン、始めます

Skypeのレッスンを試した。
2回目。

今日はイタリアと結んで。。。。
前回は栃木と結んで。
(私は倉敷の自宅にいる。)

ともに東京で私のレッスンにやってくるこれからを期待されているソプラノたち。
イタリアの午後1時。日本の夜の8時。
明るい陽射しの彼女のお部屋が画面に映し出される。


間もなく締切だというオーディション用の録音テープの作成前
かつ歌劇場での活動の間。
周りにはうまく聴こえても、実は本人たちは声の調整が大変だ。

前回はiPhone同士だったが
今回はイタリアの彼女はパソコン、私はiPhone。
Skypeでここまでレッスンできるなんて。

もっとも何回もレッスンした後だから
Skypeで直接入ってこない情報まで
脳が勝手に修正してわかる。。。そんな感じもする。
というわけで、
Skypeレッスン始めます。


****************
川井弘子のSkypeレッスン

1時間 12,000円
但し、初回はトライアルとして5,000円
****************

そして条件は、
*私のレッスンを実際にあらかじめ受けたことがある人
*iPhoneでも大丈夫ですが、できるだけパソコンでのSkypeをお勧めします。



ご希望の方はご連絡ください。
hirokokawai0204★gmail.com
(★を@に変換して送信ください。)
川井弘子
Soprano
Andover Educator
http://www.hirokokawa.com




なお、通常の個人レッスンは
1時間 15,000円(倉敷の自宅)
1時間 18,000円(東京・大阪・札幌・富山など自宅以外)
です。

声楽だけではなく、ピアノ・ヴァイオリン・フルートなど
全楽器に対応のからだの使い方レッスンも
しています。
詳しくはこちらをご参照ください。
http://www.hirokokawai.com/lesson.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

現在と未来?

友だちとたまたま「ベルリンの壁崩壊」の話になり、
ヴァイツゼッカー大統領の話になった。

こんな演説の一節が有名だ。
「過去に目を閉ざす者は、未来に対しても盲目になります。」

元のドイツ語は
"Wer aber vor der Vergangenheit die Augen verschliesst,
wird blind fuer die Gegenwart."


”Vergangenheit 過去”
という言葉に対して、
”Gegenwart 現在、現実”
という言葉が実は使ってある。

現在は未来につながるし、
現実はそのまま未来に移動?する
だからこう日本語訳をつけたのかもしれない。
しかし、”Gegenwart”だと知っておいた方が
もっと示唆深い気がする。

原語を知るって大切だ。


この演説、1985年5月8日のことで
私はこの時、ヴァイツゼッカー大統領が生まれた
Stuttgartで留学生活を送っていた。

今から思えば、まだ壁のあったベルリンに行っておけばよかったなあ~と悔やまれるが、
実はまだ一度もベルリンに行ったことがないのだ。
ゴルバチョフ大統領、サッチャー首相、コール首相など
力強く改革が進むヨーロッパの
頼もしき時代だったような気がする。
ちょっと今日はドイツが懐かしくなったなあ~。


さて、R.シュトラウスを練習しよう!
シュトラウスはバイエルン人、
和声の変化は複雑だが、
おおらかで快活な感じがするなあ~。

Saeusle, liebe Myrhte......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »