« Skypeでのレッスン、始めます | トップページ | リサイタルのご案内 2014July 倉敷・京都・東京 »

2014年5月29日 (木)

梅干しを漬ける季節になりました

そろそろ梅干しを漬ける季節でしょうか。
我が家では母がほぼ毎年、漬けています。

そして、出て来たこんなメモ用紙。。。

・平成10年6月24日(日)
  弘ちゃん門下生発表会
  市立美術館にて
  福大合唱団も出演

・平成15年6月4日
  梅1Kg 氷砂糖2袋 ホワイトリカー1本
  弘ちゃん6月2日アメリカへ
   サンフランシスコ~ポートランド
   国際会議参加
   13日シカゴより帰国、成田へ

・平成20年に漬ける時
  梅(大)2kg 塩300g
  梅は黄色くなるまで箱に広げて
  涼しいところに置く(1日~2日ぐらい)
  ホワイトリカーを上からかけると
  塩もよくとけるしカビもこない
  (カップ1ぐらい)重しをする
  梅酢が上がったらしそを入れる
  ガラスの皿で上からおさえておく
  容器は洗ってかわかしエタノールでふく
  土用干しはしそもいっしょに干す
  (そしたら皮がやわらかくなる)


・平成22年6月8日(大安)
  小梅3Kg 塩450g
  ビンはエタノールでふく
  しそ2束(1束400-)
  ホワイトリカー 1Cupふり入れる
  弘ちゃん 17日オランダへ

・平成23年6月8日(大安)
  梅3Kg 塩450g
  梅500-
  しそ2束800-
 
・平成24年6月11日(先勝)
  梅3Kg(○○さんよりもらった) 塩450g しそ2束

・平成25年6月4日(大安)
  梅3Kg 塩450g
    弘子 東京へ、富山へ


うわあ~、懐かしい「福山大学合唱団」
その当時、私は福山大学の一般教養で音楽の授業を受け持っていて
多い時は週8コマも授業をしていた。
楽しかったなあ~。そして混声合唱団ができたのだ。
男声が(私に騙されて?)ドイツ語で歌ったウエーバーの「狩人の歌」、
今でもよく覚えている。上手でびっくり!

シカゴから帰って来たのは、
アンドーヴァー・エジュケーターの会議にポートランドで参加したあと
シカゴのEricに会いに行ったのだ。
彼は倉敷で英語助手をしていて
オランダ留学前の私の英語は、彼のレッスンで進歩したのだ。
あの頃、倉敷の英語助手のネイティヴたちと交流をよくしてたな。
(倉敷はアメリカのカンザスシティとニュージーランドのクライストチャーチと姉妹都市だ。)

当初のうちおかしかったのは、
Ericの英語は聞き取れるのに、
Patrickの英語は聞き取れなかったこと。。。。(笑)
今でも聞き取りやすい英語と聞き取りにくい英語があるよなあ~。
そういえば、私の日本語は聴き取りやすいとフランス人に言われて
交換レッスンをしたこともあったなあ~。


しかし梅干しのメモに
私のことが書いてあるなんて。。。
母です。。。。はははっ。。。

|

« Skypeでのレッスン、始めます | トップページ | リサイタルのご案内 2014July 倉敷・京都・東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39602/56346781

この記事へのトラックバック一覧です: 梅干しを漬ける季節になりました:

« Skypeでのレッスン、始めます | トップページ | リサイタルのご案内 2014July 倉敷・京都・東京 »