« 2014 リサイタルのご報告2 | トップページ | 昨日は倉敷で「歌う感覚・使える解剖学」講座でした »

2014年8月 5日 (火)

2014 リサイタルのご報告3

演奏会といえば、セットであるのは打ち上げ。

最近、50歳ぐらいのピアニストさんから
「演奏するのも疲れるけど、

終わった後の打ち上げが疲れるのよ~」
というお話が出て苦笑。
「考えてみると、演奏時間より長いのよ。
み~んなよくどうもないよね~と思うの」という。
「他の出演者の手前
でも、自分だけ、はい、さよならっ」て
帰るわけにもいかないしね」と。

「でも、何もないとなんだか物足りないんじゃあ~?」
「そうよね~」
「あとは程度の問題ですかね?」
「そうか、程度の問題かぁ~~。。。
そうか、そうか。。。」
と妙に納得され、この話は終った。


さて、今回のリサイタル、
3公演続くから、私には打ち上げをちゃんと企画?!する余裕はなく。。。
というわけで、倉敷公演では、
終ったあと、マールテンさんと二人でおとなしく
新倉敷駅前の(たぶん都会では普通だけど、新倉敷では光ってる!)
ちょっとおしゃれな、美味しいイタリアレストランで
食事をすることにした。

自分だけなら、家に帰るところだけれど、
マールテンさんの夕食を何とかしないと。。。というわけ。

お店の前の駐車場も、ちょうどあと一つだけ空いていて
お店に入ると。
「あれっ~~~。。。」と、大きな声。
そう、私たちの演奏会に来てくれた方々だった。

私の方は顔を知らないけど、向こうはどうも私のことをよく知っている。
父と同じ元銀行員で、
いつも演奏会に来て下さるご夫婦。
名前は知っているけど、顔を知らなかったの。

「ご一緒してもいいですか?」
と尋ねて、席に着く。
ご自身も、趣味でバッハの合唱を歌われている方。
「銀行員の方がバッハですか?またどうして??
うちの父なんか、そういう趣味全くないですよ。」

「実は、高校の音楽の先生が。。。
実は大学でも合唱をやってまして。。。。」
尋ねると、岡山にある名門高から、
関西の名門大学へ。合唱が盛んな大学。。。
なるほどねえ~~
(学校の音楽の先生の影響力は、大きいですよ!)



「それで、ドイツにも演奏旅行で行きまして。。。」
出て来たズッキーニ入りのパスタをきっかけに
「ズッキーニの花をドイツで食べましてね。。。
帰って来たら、岡山の天満屋にありましてな。。。」
話は英語とドイツ語と日本語と混ぜ混ぜで
4人の話は弾む。
音楽のこと、食べ物のこと、ヨーロッパのこと。
マールテンさんもちゃ~んと話の中に入っているから
大したもの。
何が?彼の理解力が?
音楽の世界共通性が?
そのご夫婦の語学力とオープンなマインドが?



京都の打ち上げは、何とも国際的だった。
お食事メニューは、懐石料理。
さて、下の写真の中には
何か国の人がいるでしょう?
Recital_kyoto_party1_140706




5か国です。
使用言語は日本語、英語、フランス語。
どの言語もわかる人は2人。
どの言語で話しても、誰かがわからない。。。
純粋な?日本人であることの反動なのか
私はこういう混ぜ混ぜの雰囲気が好き。
だからオランダが好き。


オランダに留学中、
オランダ人たちがオランダ語で話している時に
私が入ると、自動的に使用言語はドイツ語に変わる。
(その当時、私は英語よりドイツ語に慣れていた。)
そこにドイツ語のわからないロシア人のピアニストが現れると、
会話が自然に英語に変わった。
こういうことは日常茶飯事で、顔ぶれを見て
一番通じそうな言語を誰かが始めると
そのまま話は何事もなかったように続くのだ。


日本もそうなるといいねえ~。
私もフランス語を何とかしたいな~。
せっかく話すチャンスがあるのに。




東京での演奏後は、
スポーツ整形外科医のわたらい先生と
整形外科医で乗馬療法の柳迫先生、
太極拳の石水先生と一緒だった。

Recital_tokyo_party_140706

写真中央がわたらい先生ですが、
ビールジョッキの後ろに、紙がありますよね。
紙で、肩甲骨と肋骨をつないで作って
ご説明くださり。。。^^)
うん?!私、そんなに肩甲骨の動きが悪かったかな?!
しかし、平面から立体になる紙を使うと
よくわかる~~。

柳迫先生は、乗馬の時の骨盤の動きと
歌う時の骨盤の動きについてのお話。。。
こう書くと飲み会の席にまで、難しいことを思われがちだが、
いやはや、飲みの席なので
飲みの席の話のようになるのでした。(笑)

骨はいつでも楽しい!

|

« 2014 リサイタルのご報告2 | トップページ | 昨日は倉敷で「歌う感覚・使える解剖学」講座でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014 リサイタルのご報告3:

« 2014 リサイタルのご報告2 | トップページ | 昨日は倉敷で「歌う感覚・使える解剖学」講座でした »