« 2015年2月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年4月20日 (月)

「歌うひとのための本」が出来上がりました!

Photo_2

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

歌う人のための本がやっと出来上がりました!
半年ぐらいで書き上げる予定でしたが、
その考えは甘く、何と丸3年かかってしまいました。
でも、できあがりました!!
うれしい!!^^)/

4月25日ごろには
主要な楽器屋さんや本屋さんにも並ぶと思います。



歌うことで悩んでおられる方の助けになるように
発声にのこと、からだのことを
歌う立場から、しかしできるだけわかりやすく、
解剖図などもふんだんに加えて、書き進めました。

あなたが、あなたにしか歌えない歌が歌えるようになるための
助けになることを願ってやみません。




詳しい目次などはこちら。
http://www.seishinshobo.co.jp/book/b194940.html
Amzon.comでも予約受付中です。
また、この本をテキストとした講座は、
以下のように開催予定です。
毎回テーマを決めて、シリーズでお送りします。
各回の内容は順次、アップします。

【大阪】
5月16日(土)10:30-12:30
8月22日(土)10:30-12:30
11月14日(土)10:30-12:30
ムジークシューレ大阪・ZG室
 hiroko.bl.kansai★gmail.com BM関西事務局(担当:長谷川)

【倉敷】
  5月31日(日)14:00-16:00
10月25日(日)14:00-16:00
12月26日(土)14:00-16:00
倉敷市芸文館・第1練習室(但し、10月は第2練習室)
 bl.kurashiki★gmail.com BL倉敷事務局(担当:みのだ)

【富山】
6月7日(日)10:00-12:00
8月9日(日)10:00-12:00
富山市内(会場の詳細は事務局まで)
 hiroko.bm.hkrk☆gmail.com BM北陸事務局(担当:まさに)


【東京】
7月11日(土)10:00-12:00
11月7日(土)10:00-12:00
アスピア・ホール
 soma.singing☆gmail.com うまく歌える事務局(担当:藤田)


お問合せ・お申し込みは各事務局まで
お願いいたします。
☆を@に変えて送信してください。
折り返し、お申込みフォームをお送りいたします。





多くの皆様にこの本をお手に取っていただけますことを願いますと同時に、
講座や個人レッスンで皆様にお会いできますことを
心待ちにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

ウィーン、この美しき街2~オペラ「ばらの騎士」

Staatsoperで
R.Straussの「ばらの騎士」を観ました。

Img_3871_2

続く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

ウィーン、この美しき街1~Mozart

ボディ・マッピングの講座に来てくれた人の招きで
アムステルダム滞在中に、ウィーンに行ってきました。^^)v

オランダから2時間のフライトで、ウィーンに到着します。

美しかったです。
歴史が現代にまで、こんなにありありと感じられて
音楽するものとしては特に、素晴らしい!!のひとことです。

MozartもBeethovenも、
Alban Bergもすぐそこにいるかのようでした。



写真とともに、少しご紹介しましょう。

Img_3855_2

シュテファン寺院からすぐのSingerstrasse 7
Mozartが1781年3月から5月にかけて住み、
ウィーンに永住を決意したところとして知らせています。

そして、なんと1863年から2年ほど、Brahmsも住んでいたそうです。


そしてこのSingerstrasse 7の門をくぐり、

Img_4019_2

駐車場になっているこの中庭を横切ると、

Img_4022_8

こんな抜け道があって

Img_4023_2  

私は気に入ってしまい、
Uバーンに乗る時も
毎日ここを通って、
シュテファン寺院の方向に行っていました。


こんなふうにシュテファン寺院が見えてきます。

Img_4024_2




Img_4026_6


Img_3859_3

そして、観光馬車の乗り場のある
シュテファン寺院 Stephansdomの北東側に回り込むと
クルツィフィクス礼拝堂があって
鉄格子の奥には十字架があります。

Img_4028_3

Img_4027_4

この十字架の下部には
「1791年12月6日にここでモーツァルトの葬儀が行われた」
と記されています。

皆さんがご存じのように、
家族や知人の会葬者もなく
棺はザンクト・マルクス墓地へと運ばれました。




Domgasse 5に、
Mozart一家が1784~87年までの期間を過ごし、
「フィガロの結婚」などを生み出した建物があります。
ハイドンやベートーヴェンも訪れたという記録も残っていて、
この建物は2006年に大改修が完成して、
今はモーツアルトハウス・ウィーンとなっています。

Img_4029_2

そして、その向かいの路地 Blutgasseへ。
3番地の門をくぐると
こんな素敵な中庭に出会いました。

Img_4032_3

ここに入った瞬間
息をはっと飲んでしまいました。
淡い光が差し込んで
美しかった!!

Img_4037_2

そして通り抜けると
こんな工房が。

Img_4040_4

さらに抜けると
こんな中庭に。
モクレンの花が生き生きと...

Img_4041_4


フランツィスカーナー教会

Img_4051_3


ベートーヴェンも暮らしたというBallgasse

Img_4052_2_2

ベートーヴェンは1819年10月から翌年の2月まで
Ballgasse3に住み、「ミサ・ソレムニス」を書きあげたと言われていますが
なんと4番地はあったけれど、3番地は見つからず。。。--;)
そこに住んでいる人たちも尋ねたんですが
全くわかりませんでした。

Img_4055_2


Ballgasseから、Rauhensteingasseに出ます。
なんとそこの8番地で、
1791年12月5日、Mozartは亡くなったのです。
今は、Steffl というデパートになっています。

Img_4060_5

Mozartが息を引き取った場所の表通りは
シュテファン寺院からのメインの通り
Kaernerstrasse19です。



***************************
これらの情報は
「ウィーン旧市街~とっておきの散歩道」(ダイヤモンド社)から。
このガイドブック、とてもよかったです。
***************************
ゆかりの場所
しかし現代の生活がそこにはあり、
鮮やかな光とともに
何も知らない人々も暮らしていて、
なんだかとても不思議な気分になりました。

きっとMozartもBeethovenも...
同じような光を感じ
ささやかに暮らしていただけなのかもしれないのです。





Img_4095_8

ト音記号の花壇を見下ろすモーツァルト像
(定番の?赤ではなく、黄色の花でした!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

5月・6月の講座・レッスン日程のご案内

Img_4085_2

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

春はいつものようにヨーロッパに来ています。
すると、「日本の桜ってきれいなんですって?」な~んていう質問を受けます。
見逃している私としては、なんだか複雑な気持ちになります。(笑)

今回は、縁あって、たぶん25年ぶりぐらいになるのか、
ウィーンを訪問する機会を得ました。
easy‐goingがもっとの重要なカルチャーであるアムステルダムからウィーンに来ると、
オーストリアの人々の顔は、なんとも深刻に見えるから不思議です。

われわれ日本人の顔はどう見えるのでしょうか?



一方で、アムステルダムでいつものようにMarianne Blok先生から
声楽のレッスンを受けると、
日本人の癖を思い知らされます。

Img_3695_3

日本のカルチャーを持ちながら、
「自分が何者か」を理解しつつ、
不必要なからだの緊張を取り去ることが
いかに大切で、いかに難しいか。。。
しかし、先に進めるとわかった時の喜びは
この上ないものです。


さて、5月以降、次のようにレッスンや講座を予定しています。
多くの皆さまにお会いできますこと、楽しみにしています。
そして、大きなお知らせもあります。

歌う人のための本が、出版されます。(4月30日発売予定)

【今後のレッスン予定】

≪東京≫ 
5月8日(木)~5月11日(月)
6月26日(金)~29日(月)
→お問合せ info★hirokokawai.com


≪大阪≫ 
5月14日(木)~5月18日(月)
6月18日(木)~22日(月)
→お問合せ info★hirokokawai.com


≪富山・金沢≫
6月5日(金)~6月10日(水)
→お問合せ hiroko.bm.hkrk★gmail.com 
       (BM北陸事務局・担当まさに)

≪倉敷≫
随時
→お問合せ hirokokawai0204★gmail.com
(いずれも★を@に変更して送信してください。)



Img_3626_3

Amsterdam 運河沿いのお花屋さん












| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年6月 »