« 【東京10/3】弦楽器奏者ならだれでも知っておきたい『からだ』のこと | トップページ | 2015リサイタルが終了しました!<その1> »

2015年8月18日 (火)

この広い空の下で

この広い空の下で

この広い空の下で
同じ空気を吸っている あなた
遠くいれば 遠いほど
空が広くなります




これは片桐ユズルさんの詩だ。

「わたしたちが良い時をすごしていると 
片桐ユズル詩集」
(コールサック社)
に収められている。




また、「基礎英語の教え方」という
なんということのないタイトルの本だが
中身はすごかった。


私にとって「ユズルさん」は、
(みんなに「ユズルさん」と呼ぶように言われている。。。らしい!)
アレクサンダー・テクニークを日本に初めて紹介した人だが、
実は、一般意味論の第一人者として、
日本の英語界では有名な方だ。





外国語の携わる人はもちろん、
日本語以外はまったく関係ありませんよ、と言われる方も、
一生懸命やっているのに
なかなかうまく行かないという方、
ひょっとすると、言葉に振り回されて、
やりすぎのことがあるのかもしれません。


この1冊から、多くを気づかされるに違いない。
「まえがき」はこちら

|

« 【東京10/3】弦楽器奏者ならだれでも知っておきたい『からだ』のこと | トップページ | 2015リサイタルが終了しました!<その1> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39602/61228950

この記事へのトラックバック一覧です: この広い空の下で:

« 【東京10/3】弦楽器奏者ならだれでも知っておきたい『からだ』のこと | トップページ | 2015リサイタルが終了しました!<その1> »