« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年2月21日 (火)

3月の個人レッスンの空き【大阪】

大阪の3月の個人レッスンの空きは
次のところにあります。

3 9日(木)16:45-17:30

310日(金)13:30-14:1516:00-16:45

311日(土)14:00-14:4515:45-16:30

312日(日)14:45-15:3015:30-16:15

ご希望の方は下記まで

お知らせください。

info★hirokokawai.com
★を@に変更して送信してください。

3月10日(金)11:30-13:00
グループレッスン(定員6名)に
3月は2名の空きがあります。
ご希望の方、上記まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

テーマは「喉をひらく」

Zunge


2月・3月の歌う人のための講座のテーマは
「喉をひらく」。

ホントは、喉は開かなくても、「本来、開いている」んだけどな、
と思いながら、こんなテーマにしてみた。
一般的に、声楽レッスンや発声の指導でよくつかわれる言葉だから
わかりやすいのだ。
写真の喉のモデルをつかいながら解説、また実際に歌っていただきながら
<事実の確認・思い違いの修正・納得がもたらすこと・
実際に歌う~声の変化・今後の練習方法>
をお知らせしたいと思います。


多くの皆さまのご参加をお待ちしています。
長年の悩みを解決する、新しい情報がいっぱいのはずです。
ご期待ください!!

■2/19(日)13:30-15:30 【大阪・内本町】
■2/26(日)14:00-16:00 【倉敷・美観地区】
■3/ 4(土)10:00-12:00 【東京・目白】

詳細・お申し込みはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

ノアさんの番組

ここのところ、アメリカの政治風刺のコメディ番組
The Daily Show with Trevor Noah
にはまっている。

英語が時々わからないときもあるけれど
おもしろい、わかりやすい、鋭い、笑える。。。。

で、今日のシーンが終わると画面に

”Forget what you should be doing”

と書かれてあった。

「すべきであることをちょっと忘れてみて」

というニュアンスだろうか。

というわけで演奏する時も
「必ずすべきだ」と思っていること、
「こうしたらうまく行くというテクニーク」
など、時に「しない」と
また新たなる可能性がひらけてくるかも!!?
と思ったのでした。

私はそれを今日、試してみようかと。。。
うふふ。。。

ちょっとホテルのお部屋で
声出ししようっと。

昨日から大阪にいて
午後から個人レッスンを開始する。
初めて個人レッスンに来られる方も2人いて
ちょっとドキドキだ。
そう、レッスンに来られる方もそうかもしれないが、
実は生徒を受ける側である私もそうなのだ。
だってどんな人かわからないし、時には大打撃をこちらが受けることも。
あははっ...教える職業の方ならわかるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

Twitter始めました★

Twitter始めました。
よろしかったらフォローお願いいたします。




Daffodil170214

今日のうちの庭の水仙の芽 ^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

春の訪れ~Chidorigafuchi National Cemetery

Tokyo170213stone


東京滞在中、ちょっと散歩に出かける時間があった。
暖かい春のような陽射しに恵まれた。

前から一度行ってみたかったところ。
2年間、東京に住んでいたとはいえ、
そして、数年前からは毎月、東京に仕事で行くとはいえ、
時間は思ったほど多くはない。


さて、どこに行ってみたかったのか?
そう行きたいところはいっぱいあるが。。。

靖国神社と千鳥ヶ淵戦没者墓苑。

毎年のことながら、何かにつけてもめ事となる靖国神社。
どんなところなのだろうか???と。
その意味はもちろんだが、どんなところなのかと。
そう、訪れたことがないのだ。

Tokyo170213_7930


Tokyo170213_7934


Tokyo170213_7936


Tokyo170213_7943



一方で、その近くにある千鳥ヶ淵戦没者墓苑。

私はこちらの方が印象に残った。
そして、ここですれ違ったのは2人だけ。

どうして靖国神社のように多くの人が訪れないのだろか、と不思議だった。
平和を願う人はここに来ると、さらにその気持ちを新たにする
そんな場所だ。
しかも、いかなる国からもクレームはつかない神聖なる祈りの場所。

Tokyo170213_7952


Tokyo170213_7954

Tokyo170213_7960

鳥の声~うぐいす??が聞こえていた。


Tokyo170213_7966

Tokyo170213_7967

Tokyo170213_7968

私も献花した。


Tokyo170213_7969

Tokyo170213_7970

Tokyo170213_7978

Tokyo170213_7979

Tokyo170213_7951

そこには、時代と人間の姿と思い、
今と未来。。。。すべてが混在しているかのようだった。

甘い香りを放つ白い梅の花と
鳥の声を聞きながら、
私はそこで静かに立ち止まり
思いにふけった。


























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

チョコレートの季節

170214

チョコレートの季節。

思いを伝えるのにいいなと思う反面、
いちいち選ぶのが面倒だな、時間がないなとか。。。
たぶん複雑では?

東京でレッスンする時、
近くにオーガニックのすてきなお店があって
(私はまあまあオーガニック好き、
完璧なオーガニックの人ではないけれど)
美味しいチョコレートを見つけました。

なのに一方で、買い忘れてしまった。
お世話になっているあの人に、この人に
プレゼントしたらいいのに。
明日会うのに、どうしよう??


真ん中の可愛いハートのチョコは
生徒から。
このチョコレートのようにかわいい人。
最近すごく上手になっていて、
しかし本人はそこまで自覚がないよう
まあ、歌うってそんなもの
もう少し変化が大きくならないと自分ではわからない。

成長を見守れるのがうれしい。
純粋な思いを受け取るのも、感じられるのも、
教える人の役得かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

3月の個人レッスンの募集を開始します

皆様

いかがお過ごしでしょうか?

3月の個人レッスンの募集を開始します。

【東京】
3月3日(金)~5日(日)もしくは6日(月)
・3/3(金)~3/5(日)の募集は終了しました。
・3/6(月)の募集を開始します



【大阪】
3月9日(木)~12日(日)

ご希望の方は、下記までご連絡下さい。
info★hirokokawai.com
(★を@に変更して送信ください。)
ご質問などありましたら、ご遠慮なく!


また個人レッスンについての詳細はこちら↓↓↓
http://www.hirokokawai.com/privatelesson_info.html

2月11日を一旦締め切りとし、レッスン組をします。
それまでにご希望くだされば、だいたいご希望のところに入れると思います。
余裕をもって第3希望ぐらいまでお知らせください
それ以降は、空いていれば、いつでも入れます。
空き状況を随時お知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

合唱人のためのボディ・マッピング講座が終了しました

Panamusica170204_16kawai2_banner_no

京都での合唱人のためのボディ・マッピング講座が終了しました。
多くの皆さまのご参加がありました。ありがとうございました!
80名以上の参加だったようです。

パナムジカさんの方も、初めて開催する夜の講座だったそうです。
遠くから来られる方は難しいかなと思っていたのですが、
鹿児島から、島根から、広島から、
東は埼玉から夜行バスで駆けつけてくれた高校生の男の子...
などなど、なんだか感激でした。
もちろん、関西の皆さまのあふれ出るパワーも感じながら。

Panamusicabm170204_7894


いつも合唱愛好家の方にお会いすると、
歌うことへのひたむきさとか、
純粋に歌いたいという強い思い、
上手になりたいという熱心さなどなど、
音楽を専門にするものがともすると忘れそうになっている本質に向かい合うことになり、
感動します。
そして、指導する立場にある者として責任と
自分に与えられた使命感のようなものを感じます。

Panamusicabm170204_7901




さて、講座ですが、笑いいっぱい、楽しさいっぱい
有意義な学びの2時間半にしたつもりです。
いかがだったでしょうか??

■ ボディ・マッピングとは何か?

Panamusicabm170204_7905


各自に骨を書いていただきましたが、
これがなかなか難しく。。。
です、です。

「ボディ・マップ」とは、からだの地図で
自分の頭の中に自分がどのように描かれているか?ということです。

そして、その地図が現地と違う場合は
うまくからだが動かないので、うまく歌えないということがわかっています。

Panamusicabm170204_7898


■ 実践編

実際に歌っていただきながら、からだのこと、ボディ・マップのことを説明しました。
修正していただき、歌声が変わることを試しました。

Panamusicabm170204_7904


バランスボールの上で、座って動きながら(脚も感じて)
歌うと、すう~と声が出たり。^^)v
理由はちゃんとありますよ。

あらかじめ質問を受けていたのですが、
その中のいくつかをここに書きます。
たぶん、参考にしていただけること
あるのではないかと思いますから。

Q:
発声する時に、口、喉、舌などの各部位を
どのような状態にするのが適切かが分かりません。
Ex.顎の位置、喉仏の位置、舌の位置、軟膏蓋 等)

A(私の答え):
「口、喉、舌などの部位をどのようにするのが適切なのか」と考える必要はありません。
そう考えると歌えなくなってしまいます。


Q:「頭から出して」「背中まで息を入れて」「支えて」など、指導者の言葉が理解できない。
息が長く持たない。→呼吸法と発声の基本理論(仕組み)

A: 
すごくいい質問ですね。私もその意味がわからなかったので、
このような勉強をしました。
声は頭から出ないし、背中には息が入りません。
正しくは「息は肺に入ります。肺は前面だけではなく、
背中側にもあります、
肺の大きさを解剖図で確かめてみましょう。

「ささえて」はまずはまったく無視していい言葉です。
「ささえよう」として、固まってしまう人の方が多いのです。
よく歌えるようになると、「ささえた」感覚が自分のからだの中に生まれます。
まずは、のびのび歌ってください!それが始まりです。

 

 

Q: 安定した音程、深みのある声、長いフレージングに耐えるブレス・・・etc
欲しいものはたくさんありますが、団員が高齢化していて
若者のようにメキメキ上達することができません。
→特に知りたいのは、よく響く合唱向けの声のつくり方。
(どうしても、浅い、響きのない声になります。)
良い発声を求めすぎると、団員の歌う楽しみを奪うような気持ちが働き、
もう一つ突っ込んだ指導ができない。
→合唱するからには「本物」を目指したい。
昭和
53年に創立した合唱団で、かなり年数は経っていますが、歩みは遅々として進みません。
これでいいのだ!という団員も居ます・・・・
でも、なんとか去年より
1 mm

でも進歩できる、なにかいい方法はないかといろいろ試しています。

A: 

私は「よい発声指導」と「楽しいこと」は、両立すると思っています。
そして両立するのは、「からだを気持ちよく使う」時です。

皆さん、肩が凝っていませんか?まずは「背骨ほぐし肘○体操」
(「うまく歌える『からだ』のつかいかた」p91)で
首や肩をほぐしましょう。

「本物」の合唱をしたいと思う前に、今ある声とからだを使って、
のびのび歌えるよい雰囲気を作るには?
そこに「本物」に近づくヒントが、既にあると私は思います。
年齢に関係なく進歩できるし、
また進歩にもいろいろな意味があるのではないでしょうか? 
年とともに音楽に関する感受性や理解は、
若い時とは違った意味で、
私は深まることを知っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »