« ドイツ系かイタリア系か? | トップページ | 7月の大阪での講座は、「うまく歌える伴奏法」第2弾です »

2018年6月12日 (火)

アムステルダム・ミュンヘン・ボルツァーノ紀行

例年のように、1カ月をヨーロッパで過ごした。
今年はいつもより遅い出発で、4月10日関空発。



桜を見たのはホントに何年ぶり?!
10年ぶりぐらい??感動!


そして1年ぶりのオランダは
いつものように人々の朗らかさや
笑顔に助けられ、よき滞在となった。


アムステルダム中央駅
Amsterdam Centraal Station
Img_2658



今回は、久々にドイツにも滞在。
アムステルダムからミュンヘンに飛んだ。
Amsterdam Scchipol
Img_2726



ドイツは、何年ぶりだったのか??!

中でもミュンヘンはStawski先生のレッスンスタジオのあった思い出の地。StuttgartからICに乗って2時間余り、ホントによく通った。

Img_2731



Img_2800





ちょうどお掃除中だった市庁舎
Rathaus
Img_2739

次の日には仕掛け時計を見ることができた。
難民問題で揺れているドイツを心配してたが、30年前と変わらず、外国人にも寛容で骨太のドイツが、そこには感じられた。







発声に悩んだ日々、そして今のアプローチで進むことになったきっかけのすべてがこの街にあった。当時のことを思い出して涙が出そうだった。その場所に行くというのは、こういうことなんだなと。



教会の鐘の音が、約30年前と同じく響いていて、不思議な気分になった。




そして、この街で懐かしい人に会った。

木下武久先生の息子さんの義久さん。ドイツを代表する児童合唱指揮者。







予告?
Bolzano/Bozen
Img_3072



|

« ドイツ系かイタリア系か? | トップページ | 7月の大阪での講座は、「うまく歌える伴奏法」第2弾です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39602/73684500

この記事へのトラックバック一覧です: アムステルダム・ミュンヘン・ボルツァーノ紀行:

« ドイツ系かイタリア系か? | トップページ | 7月の大阪での講座は、「うまく歌える伴奏法」第2弾です »