« ドイツ系かイタリア系か? | トップページ | 7月の大阪での講座は、「うまく歌える伴奏法」第2弾です »

2018年6月12日 (火)

アムステルダム・ミュンヘン・ボルツァーノ紀行

例年のように、1カ月をヨーロッパで過ごしました。
今年はいつもより遅い出発で、4月10日関空発。

桜を見たのはホントに何年ぶりでしょう?!
10年ぶりぐらい??感動でした。


そして1年ぶりのオランダは
いつものように人々の朗らかさや
笑顔に助けられ、よき滞在となりました。


アムステルダム中央駅
Amsterdam Centraal Station
Img_2658



今回は、久々にドイツにも滞在。
アムステルダムからミュンヘンに飛びました。
Amsterdam Scchipol
Img_2726

ドイツは、何年ぶりだったのでしょう。
中でもミュンヘンはStawski先生のレッスンスタジオのあった思い出の地。StuttgartからICに乗って2時間余り、ホントによく通いました。

Img_2731

Img_2800

ちょうどお掃除中だった市庁舎
Rathaus
Img_2739

次の日には仕掛け時計を見ることができました。
難民問題で揺れているドイツを心配していましたが、30年前と変わらず、外国人にも寛容で骨太のドイツが、そこには感じられました。





発声に悩んだ日々、そして今のアプローチで進むことになったきっかけのすべてがこの街にありましたから、当時のことを思い出して涙が出そうでした。その場所に行くというのは、こういうことなんだなと。

教会の鐘の音が、約30年前と同じく響いていました。




そして、この街で懐かしい人に会いました。
(続きはまたすぐに。。。今日はここまで。)



予告?
Bolzano/Bozen
Img_3072

|

« ドイツ系かイタリア系か? | トップページ | 7月の大阪での講座は、「うまく歌える伴奏法」第2弾です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39602/73684500

この記事へのトラックバック一覧です: アムステルダム・ミュンヘン・ボルツァーノ紀行:

« ドイツ系かイタリア系か? | トップページ | 7月の大阪での講座は、「うまく歌える伴奏法」第2弾です »