« 7月の大阪での講座は、「うまく歌える伴奏法」第2弾です | トップページ | 朝カル【新宿】での8月の講座 »

2018年6月14日 (木)

7月・8月の東京での講座・レッスンのご案内です

9b7f7daea0e64d4da1534d5c9d8cee1f

皆様

すっかりBlogの更新をご無沙汰しています。
ごめんなさい。。。
4月のオランダ・ドイツ・イタリアのこと、もうすぐ2冊目の本が出版になることなど、
書きたいことが満載です。

まずは、今後のレッスン日程【東京】から。
●6/28(木)~7/3(火)
●8/2(木)~8/6(月)

・個人レッスンは、6/30(土)にまだ空きがあります。この日の会場は「大岡山」です。/8月の個人レッスンは、6月の末から募集を始めます。

●≪日曜グループレッスン≫が、7/1(日)から新たに始まります。(後述)日曜グループレッスンは、講座日と同日です。

**********************
講座「うまく歌える『からだ』のつかいかた」【目白】
<新シリーズ(全9回)の第2回>


●2018年7月1日(日)

(テーマ)
喉は鰓弓器官だった
~口のあけかた・舌のリラックスのしかたが
    声に与える影響と新・練習のヒント~

 

【内容】
「口を大きくあけなさい」と言われて、
ずっと大きくあけてきたけれど、
今度は「あけすぎ」と言われて
困っている方はいませんか?
でもやっぱり、「ある程度しっかりあける方が、
よく声が出る感じがするのに、
あけない方がいいと言われて困っている」、
逆に「大きくあけて」と言われて
困っている方はいませんか?
なぜ、このように全く逆の指導を受けるのでしょうか?

あるいは「大きくあけると“力が入る”」
「では、いったい口はどう開けたらいいんだろう?」
と疑問がいっぱいの方。
さらに、「上顎をあけて」「軟口蓋をあけて」を
やろうとしても、一向に、
響きはつかない・音は下がる・ピッチが低い、
いつも響きが落ちていると言われて、
困っていらっしゃる方はありませんか??

さらに、「“舌根に力が入る”と言われるけれど、
ではどうしたら抜けるんだろう??」
などなどのお悩みに、
一気にお応えする回です。

 

キーワードは、次の5つ。

・口の構造
・喉はエラだった
舌の大きさ
・茎突舌骨筋(けいとつぜっこつきん)
・頭と首の関係

 

これらを中心に、上記の質問にお答えします。
拙著の第2章で、
「鰓弓器官」と「茎突舌骨筋」
を探してみてください。

そこから皆さんのわかることは?
あるいはわかりにくいことは何でしょうか?

******************
講座「うまく歌える『からだ』のつかいかた」【目白】
<新シリーズ(全9回)の第3回>

2018年8月5日(日)

(テーマ)
「ささえ」とは何か?
~お腹を締めることの弊害と効用、どちらが正しい?

【内容】
「しっかり“ささえ”なさい」言われるけれど、
「“どうささえたらいいのか”わからない」
と思われている方はありませんか?
あるいは、「下腹を締めなさい」という注意もあれば、
「お腹を前に出しなさい」という注意
を受けたことがある方、
「引っ込めるのか?出すのか?」で困っている方。

そして、それらを注意した時、
「うまくいったと言われる方」と
「うまくいかないどころか、
ますます声が出なくなった、
“ささえ”がわからなくなった
と言われる方」はありませんか?

どうしてこのようなことが起こるのでしょう?
“ささえ”とは何なのでしょうか?
そもそもどうして“ささえ”が必要なのでしょうか?
そして、どのように練習したらいいのでしょうか?

キーセンテンスは、次の5

・最初は、“ささえ”がわからなくても大丈夫
・歌う時、脚がありますか?
・横隔膜が働く時
・胸はやわらかいですか?
・ヴァージョンアップする“ささえ”


これらをもとに“ささえ”についての疑問にお応えします。
各回とも、お申し込みの際のフォームへの
具体的な質問事項の記入、歓迎です。


これらのテーマに沿った疑問をお持ちの方で、
歌ってくださるかたを
5名ほど募集します。
ご遠慮なく、お申込みください。
但し、ご希望多数の場合は
ご要望に添えないこともございますので、
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~
会場:目白教育ホール(目白駅より徒歩3分)
受講料:3,500円
お申込み先:うまく歌える事務局(担当:滝沢)
soma.snging★gmail.com
(★を@に変更して送信してください。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*******************
さらにこれらの講座内容を深めたい方に、
かねてからご希望をいただいていた
小人数グループレッスン(定員:
5名)
をご用意しました。

 

●日曜グループレッスン

・講座と同日7/1()8/1(日)の
15:00-16:3090分】
・会場:講座会場(目白教育ホール)の4F402教室
・受講料:8,000円(1回ごと)

  但し、できるだけ継続受講をおススメします。

・定員:5名(5名になり次第、締め切ります)

・内容:

  お一人ずつに歌っていただきながら、
  レッスンしていきます。

  曲は、お好きな曲を1曲、時には2
  (曲目のご相談も、必要であればご遠慮なく)。

  グループレッスンの目的は、
  ご自分の悩みを他の人とも共有しながら、
  講座内容の理解をさらに深め、

  実際に、よりのびやかに歌えるようになること。

  自分の変化と同時に、
  他の方の変化を聞けることで、

  理解が一層進み、直接的に自身の歌にも
  反映されるでしょう。

  あるいは、どのように反映させたらいいのかも
  お教えできるでしょう。

●月曜グループレッスン
・講座の次の日
7/2(月)・8/2(月)の
11:30-13:00【90分】
13:30-15:0090分】

・会場:アスピアAスタジオ
(京王新線「幡ヶ谷駅」北口から徒歩
2分)
・受講料:8,000円
・定員:5名
  
11:30-13:00の空きはあと1名、
  
13:30-15:00の空きはあと4名です。

・内容:日曜グループレッスンと同じです
  ~但し、
   
11:30-13:00は演奏家・指導者の方が主な対象、
   13:30-15:00は愛好家の方が主な対象。

 

●●グループレッスンは
直接、川井弘子までお申込みください。
info★hirokokawai.com
(★を@に変更して送信してください。)

皆様のご参加をお待ちしています。

 

 

|

« 7月の大阪での講座は、「うまく歌える伴奏法」第2弾です | トップページ | 朝カル【新宿】での8月の講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39602/73684117

この記事へのトラックバック一覧です: 7月・8月の東京での講座・レッスンのご案内です:

« 7月の大阪での講座は、「うまく歌える伴奏法」第2弾です | トップページ | 朝カル【新宿】での8月の講座 »