« マンデラさんの100歳の誕生日 | トップページ | 【東京】8/5(日)うまく歌える講座のご案内 »

2018年7月22日 (日)

「かわいい」と夢二

岡山県瀬戸内市に、「ボディ・マッピング」の指導に行ったのは2年前の2016年7月のことだ。

「生命の貯蓄体操」(こういう体操があったんですね!)の指導者の方の研修会(写真撮り忘れ、和室、研修施設もレンガ作りで素敵だった)。経絡を元に考案された日本の健康体操と、アメリカ発祥の「コナブルのボディ・マッピング」のコラボ。さらに、私の歌う体験が、呼吸法のお話をする時に役立ったと思う。40代、50代の方もおられたが、平均年齢は60歳以上。みなさん、積極的かつ柔軟で、笑いもいっぱい起こり、楽しい学びの時間となった。

終了後、竹久夢二の生家に連れて行ってもらった。






邑久町にあったんです!

夢二が16歳まで過ごした家。そして、息子の不二彦さんのスケッチを元に再現された、東京にあったアトリエの「少年山荘」。








写真は夢二の絵のプロのモデルさん…あれ、名前は…夢二の3人目?の彼女、のちに内縁の妻??

写真はホントは撮ってはいけないそうだが、これならいいですよと館の方がこっそり?許可をくださった。



なぜ急に、夢二のことを思い出したか?!
実は、私は昨夜から富山にいる。

今朝の日経新聞に、「『かわいい』の源流をたずねて」という特集があり、夢二がその源流だとの記事があったからだ。


しかし、私は夢二の生家を訪ねた時、そうは思わなかったから。

夢二の繊細な世界は誰もが認めるところだろうが、時に艶っぽく、時にかわいい、そして時に時代を反映して深刻だ。人がそうであるように、様々な側面を夢二の親しみやすく、わかりやすい筆致で表現していると感じる。

「かわいい」は確かに、日本特有だ。
こんなに「かわいい」が女性の側面として市民権を得ている国を、私は他に知らない。日本の男性も、他国より女性の「かわいい」が好きだと感じる。


しかし、ここで女性たちが気をつけなければいけないのは、「かわいい」が、「子供っぽい」「幼稚な」に留まり、人間としての成長を妨げることだろう。

|

« マンデラさんの100歳の誕生日 | トップページ | 【東京】8/5(日)うまく歌える講座のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39602/73901179

この記事へのトラックバック一覧です: 「かわいい」と夢二:

« マンデラさんの100歳の誕生日 | トップページ | 【東京】8/5(日)うまく歌える講座のご案内 »