« 【倉敷】7/29(日)うまく歌える講座のご案内 | トップページ | うまく歌える【実践編】の発売です »

2018年7月24日 (火)

合掌造りに思う






富山でレッスンしている間、五箇山の相倉合掌造り集落に行ってきた。世界遺産に登録されている。




そこにあったのは、自然と人間の営みの見事な共存。





例えば、茅葺き(かやぶき)屋根。


なんと10年から20年もつという。

元の茅(かや)はこちら。


そして、これを乾燥させる。


これから屋根を作るという発想。
屋根の角度は、雪が滑って落ちやすい60度だという。




屋根裏では、養蚕業。





日本全国が35℃を超える猛暑の中、ここにはエアコンはない。しかし、なんと凌ぎやすく、気持ちのいいことか。自然とはそういうことなんだ。


富山県の民謡「こきりこ節」。
「こきりこ」とは?




こちらは「ささら」。


で、囲炉裏(いろり)のそばで「ささら」の演奏のしかたを教えてもらい、はい、ポーズ。






漉き和紙も体験した。


それでできたのが、こちら!(満足…笑)


和紙をちぎって描かれている絵。
雪の描写、お見事!


思ったより軽かった傘。



お昼は、山菜とおそば。



展望台からの一枚。




土の香りがしていた。
灼熱の太陽。

だけど、だけど、木陰では、
そして茅葺きの家では、
空気が人を優しく包んでいた。






そこには無理なく自然を使う知恵があり、
自然の恵みを感謝とともに受け取り、
しかも、その厳しさや強さを知り尽くしていたかのような畏敬もあるのだろう。




いろいろなところに、歌う時の頭とからだの関係を、私は見ていた。この世界遺産の集落にある自然と人の生活は、まるでソマと脳の関係のようだと思った。





豆乳ソフトクリームも美味しかったけど、鮎も最高だった。



富山の皆さん、ありがとうございました!!



















|

« 【倉敷】7/29(日)うまく歌える講座のご案内 | トップページ | うまく歌える【実践編】の発売です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39602/73914446

この記事へのトラックバック一覧です: 合掌造りに思う:

« 【倉敷】7/29(日)うまく歌える講座のご案内 | トップページ | うまく歌える【実践編】の発売です »