2013年10月22日 (火)

八百屋さん~イヴちゃんと柿

近所の八百屋のお兄さんが、イブという名前のかわいい犬を連れて
時々、魚を持ってきてくれる(売りに来てくれる)。
今日はなんともおいしそうな鰈(カレイ)。

ところで、イブちゃんと会うのは
私は今回で3回目。
このイブちゃん、どうも相手によってものすごく態度が違うのだとか。
まずは、初対面の場合は吠えまくるのだそう。

というのは、私には最初からおとなしかった。
それに今日なんか、なんと嬉しそうにじゃれまくる。
飛び跳ねて、寄って来る。
飼い主のお兄さんによれば、これはかなわないという強い人には吠えないのだとか。。。
そうか私は強いのか…(笑)

まあ何でもいいけど、犬のかわいいイブちゃん、
なついてくれてうれしいな。


ところで、この八百屋さんから
いろいろなものをいただく。
母がいつもここで買うからだけれど
例えば、今は柿。
こんな大きな柿は見たことがないという代物。
それにおいしい!
「正田柿」という種類だとか。。。漢字、合ってる??!

そこで思ったのが
「桃栗3年、柿8年」。
きちん実をつける木になるまでには、最低そのくらいの年月がかかるということだろう。

なので人間だって、何かが身につくには
最低そのくらいはかかるよなあ~と
声楽を教えていて思います。
なのにうまくいっていない人ほど、やたらうまくなりたいと思って
焦って返って自分を駄目にしていないか??
そんな熱心だけれど、ちょっとなあ~という場面にも
出会うことがあります。

ところで、
柿の食べ方。
お勧めはマヨネーズです。
マヨネーズをかけるとおかずのようになって、
一品増えたリッチな?!気分になれます。
気のせい?

でも、一度お試しあれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)