2012年6月26日 (火)

真珠のネックレス

祖父の法事の折に、
久々に真珠のネックレスをした。
母が30年ぐらい前に天満屋(岡山県では有名な老舗デパート。。。なのよ~ん)で
保証書付きで買ったもので、
いわゆるオーソドックスな一連の真珠のネックレス。
だから本物のはずだ。

私の趣味から言うと、もう2・3粒多いと
首まわりがゆったりするのに
と思うけれど、
不思議なのは。。。

これが天然ものということだろうか?!
一連とはいえ、これだけ真珠が連なっているわけだから
他のネックレスより重いはずなのに
つけていて負担にならず、気持ちがいいことだ。
毎回、装着感が違う。皮膚が感じる温度も違う。
そして一日中した後に外すと、
なんとかなり湿気ているのがわかる。

本来の輝きが失われ、ぐったりしているようにも見えるので
ひと粒ひと粒、きめの細かい布で丁寧に拭いてゆく。

するとあっという間に元通り。。。
それにもまた驚いたりして。(笑)


ある本【注】を読んでいたら
首は魚類のエラが退化してできたものだと書いてあった。
そして「人類がこぞって首を飾るのは、
遠い海の故郷へのノスタルジアというものであろうか。。。」と。

山で採れる石より
海からの真珠の方が心地よい、自然だと私が感じるのは
これって関係あるかも?!
と思うこの頃。

というわけで、
ジーンズにTシャツ姿でも
真珠のネックレスがあると
単なるカジュアルさが、
親しみやすさとエレガントさに変わるような気がして
(気のせい?。。。笑)
最近はずっとしている。
(真珠に頼りすぎ?。。笑)

だって箪笥の肥やしになって、滅多にしないのでは
もったいない。


と真珠といえば
デン・ハークのマウリッツハウスで見た
フェルメールの「青いターバンの女」の
イヤリングを思い出します。
彼女もきっと毎日、
真珠のイヤリングを磨いていたのかも?!



【注】三木成夫著
「内臓のはたらきと子どものこころ」(築地書館)より
~すべての人にお勧め、自分のからだのことがわかるとてもよい本。
三木先生、もし生きていらしたら一度お会いしてお話を伺いたかった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)