2017年4月 7日 (金)

倉敷・岡山周辺の皆さまへ~Greetings from Amsterdam !

Img_8606


春はいかがお過ごしでしょうか?


私はアムステルダムに来て1週間余り。
やっといろいろ慣れてきました!

なんたって寒いんです。そう、ドイツより北にありますから。
連日明るい春の陽射しなんですが、何と日中も12・3度までしか上がらない日もあり、
真冬の服装なんです。慣れてるはずの私も唖然!?

でも、2週間ほど前に引いていた風邪はやっとなおりました。
ずっと続いていた咳が大変でしたが、治ったあ~☆
披裂軟骨の動きはやっと正常になったあ~♪


さて、前置きが長くなっていますが、
今後の講座の日程などをご案内します。

●6月25日(日)倉敷市芸文館・第1練習室
○7月29日(土)倉敷市芸文館・第1練習室
●8月26日(土)倉敷市芸文館・第2練習室
●9月9日(土)倉敷市芸文館・第2練習室
◎10月15日(日)岡山県立美術館ホール


おおっ~、毎月1回、何かありますよ!
それでは、何があるかですが。。。。


♪「うまく歌える『からだ』のつかいかた」講座
●6月25日(日)14:00‐16:00 芸文館・第1練習室 No.10
●8月26日(土)14:00‐16:00 芸文館・第2練習室 No.11
●9月 9日(土)14:00-16:00 芸文館・第2練習室 No.12

受講料:3,500円
定員:30名
お申込み:bl.kurashiki☆gmail.com (担当:みのだ) まで
(☆を@に変更して送信してください。)

★いずれの日も、午前中(10:30-12:00)で
グループレッスン(定員7名・受講料8,000円)があります。
お申し込みは講座と同じ。
こちらも皆さまのご参加をお待ちしています。

★6/25(日)の講座のテーマは、主に腹横筋のことです。
歌うささえについての多くの謎や間違った情報を修正しながら、
どのようにトレーニングしたらいいのかお教えします。

また、今回からモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」の中から
アリアや重唱・合唱を取り上げて、表現との関係にも迫りたいと思っています。
各自自分に合ったアリアを持って来てくださったらいいですが、
重唱・合唱(混声4部と女声2部)についてはどこを選択しているのか、
事務局の簑田までお問合せください。
また楽譜のコピーがほしい方(添付または送付)も事務局で対応いたします。

ちなみに楽譜はPeter版を使っています。
最近は違う版を使うことも多いようですが、
昔からのものをひとまず使ってます。(笑)
もしスコアを買われる場合はPeter版ですと、
ページが同じになるので便利かと思います。

(あるいは、わざわざBreitkopf版を購入されるのも面白いかもしれませんが。。。)
もちろん、今まで通り、ご自分のレパートりーを持って来てくださるのもOKです。
クラシック以外のジャンルも歓迎です!
他の地域では、合唱曲はもちろん、ミュージカルや松田聖子まで、
いろいろある時もあります。



ひさびさに「ボディ・マッピング」講座も開催します。
まだ受講されたことがない方は是非!

元々はアメリカで、プロの音楽家のからだの痛みを軽減するための講座でしたが、
末永く音楽を楽しむ熱心な愛好家の方から、
専門性のある教える方・演奏活動を続けていく方まで幅広く対応する内容となっています。
からだの基礎の基礎ですので、
このくらいは知っておかれるのがいいという内容です。


♪BodyMapping1日集中講座
「音楽家ならだれでも知っておきたい『からだ』のつかいかた」

○7月29日(土)10:00~17:00 芸文館・第1練習室
受講料:20,000円
定員:10名(定員になり次第締め切ります)
お申込み:hirokokawai0204☆gmail.com
お申し込みフォームなどお送りします。
(☆を@に変更して送信してください。)




*******************
川井弘子ソプラノリサイタル   
ピアノ:マールテン・ヒレニウス
*******************
10月15日(日)14:30開演
岡山県立美術館ホール
全席自由:3,500円

今年も歌います!
皆さま、お誘いあわせの上、どうかご来場いただけますとうれしいです。

そして、リサイタルのプログラムですが。。。
まだ決まっていません。・・;)
今、いろいろ策を練って?!います。
拙著にも登場するマリアンネ先生のレッスンを受講し、
マールテンさんの伴奏で練習しながら。
そう、そのために私は、今、アムステルダムにいるのです。
がんばらないでがんばりたいと思いますから、
皆さん、ご協力・応援のほどよろしくお願いいたします。

そして、私の学びがまた皆さまへの講座やレッスンに還元され、
よきサークルが回るでしょう。

岡山以外のリサイタル日程は、次のようになっています。
◎10月7日(土)15:00開演 【京都】バロックザール <(公財)青山財団助成公演> 
◎11月11日(水)19:00開演 【東京】Hakuju Hall 



また、何人かの方からリクエストのあった
レッスンカレンダー(今回は1年間、AR機能はなしで本当のレッスンノートです)
の続きも作成しています。

5月に発売となりますから、皆さま、ご期待ください。
今、撮った写真を日本に送って作成してもらっています。


ここまで書いて思い出したのは、すでに何人かの方から質問いただきましたが(笑)、
2冊目の本がどうなったか?・・;) ですが、
はい、アムステルダムでも少しずつ書き進めています。
「いつ発刊か?」

未定です。。。><;)・。。。
わかり次第、お教えします。
もう少しお待ちください。
ことのほか、難航。。。。やはり文章にするのは難しいのです。
しゃべるのは簡単ですが(笑)。


では皆さま、よき新年度を、よき春を!
またすぐお会いしましょう!!

多くの皆さまのいろいろなご参加を、
今年度も心待ちにしています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

ノアさんの番組

ここのところ、アメリカの政治風刺のコメディ番組
The Daily Show with Trevor Noah
にはまっている。

英語が時々わからないときもあるけれど
おもしろい、わかりやすい、鋭い、笑える。。。。

で、今日のシーンが終わると画面に

”Forget what you should be doing”

と書かれてあった。

「すべきであることをちょっと忘れてみて」

というニュアンスだろうか。

というわけで演奏する時も
「必ずすべきだ」と思っていること、
「こうしたらうまく行くというテクニーク」
など、時に「しない」と
また新たなる可能性がひらけてくるかも!!?
と思ったのでした。

私はそれを今日、試してみようかと。。。
うふふ。。。

ちょっとホテルのお部屋で
声出ししようっと。

昨日から大阪にいて
午後から個人レッスンを開始する。
初めて個人レッスンに来られる方も2人いて
ちょっとドキドキだ。
そう、レッスンに来られる方もそうかもしれないが、
実は生徒を受ける側である私もそうなのだ。
だってどんな人かわからないし、時には大打撃をこちらが受けることも。
あははっ...教える職業の方ならわかるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

春の訪れ~Chidorigafuchi National Cemetery

Tokyo170213stone


東京滞在中、ちょっと散歩に出かける時間があった。
暖かい春のような陽射しに恵まれた。

前から一度行ってみたかったところ。
2年間、東京に住んでいたとはいえ、
そして、数年前からは毎月、東京に仕事で行くとはいえ、
時間は思ったほど多くはない。


さて、どこに行ってみたかったのか?
そう行きたいところはいっぱいあるが。。。

靖国神社と千鳥ヶ淵戦没者墓苑。

毎年のことながら、何かにつけてもめ事となる靖国神社。
どんなところなのだろうか???と。
その意味はもちろんだが、どんなところなのかと。
そう、訪れたことがないのだ。

Tokyo170213_7930


Tokyo170213_7934


Tokyo170213_7936


Tokyo170213_7943



一方で、その近くにある千鳥ヶ淵戦没者墓苑。

私はこちらの方が印象に残った。
そして、ここですれ違ったのは2人だけ。

どうして靖国神社のように多くの人が訪れないのだろか、と不思議だった。
平和を願う人はここに来ると、さらにその気持ちを新たにする
そんな場所だ。
しかも、いかなる国からもクレームはつかない神聖なる祈りの場所。

Tokyo170213_7952


Tokyo170213_7954

Tokyo170213_7960

鳥の声~うぐいす??が聞こえていた。


Tokyo170213_7966

Tokyo170213_7967

Tokyo170213_7968

私も献花した。


Tokyo170213_7969

Tokyo170213_7970

Tokyo170213_7978

Tokyo170213_7979

Tokyo170213_7951

そこには、時代と人間の姿と思い、
今と未来。。。。すべてが混在しているかのようだった。

甘い香りを放つ白い梅の花と
鳥の声を聞きながら、
私はそこで静かに立ち止まり
思いにふけった。


























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

チョコレートの季節

170214

チョコレートの季節。

思いを伝えるのにいいなと思う反面、
いちいち選ぶのが面倒だな、時間がないなとか。。。
たぶん複雑では?

東京でレッスンする時、
近くにオーガニックのすてきなお店があって
(私はまあまあオーガニック好き、
完璧なオーガニックの人ではないけれど)
美味しいチョコレートを見つけました。

なのに一方で、買い忘れてしまった。
お世話になっているあの人に、この人に
プレゼントしたらいいのに。
明日会うのに、どうしよう??


真ん中の可愛いハートのチョコは
生徒から。
このチョコレートのようにかわいい人。
最近すごく上手になっていて、
しかし本人はそこまで自覚がないよう
まあ、歌うってそんなもの
もう少し変化が大きくならないと自分ではわからない。

成長を見守れるのがうれしい。
純粋な思いを受け取るのも、感じられるのも、
教える人の役得かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

新年おめでとうございます~「動的平衡」

Photo


新年あけましておめでとうございます!


今年は申年、
「伸びる」年ですね。



Photo_2

(なぜか写真は横になっていますが)、
うちにある「備前焼の申」
やはり新年は気持ちが改まります。
。。。といいつつ、「片付け」を新年に持ちこしてしまいました。
かなり捨て中。
一番、たくさんあるのは、書類の山。
本を書く際のメモ、校正の際のプリントアウトしたもの、
そう、私って全くのアナログ。。。
画面だけでは済まないの。・・;)




ところで、こんな記事を見つけました。
(岡山県には、山陽新聞という地方紙があるのですが、
元旦の記事です。)


細胞は、絶えず外部に不必要になったものを出し続け
『動的平衡』を保つ。



『動的平衡』、
今年の私の中のキーワードとなりそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~
生命の論理から地方を考える   
福岡伸一

 

中枢と末梢という言葉がある。国や社会の組織でも、首都と地方都市の関係でも使われる。

中枢と末梢とは、もともと生物学の用語である。脳が「中枢」であり、それ以外の身体部分が「末梢」だとされる。でも実は人間が勝手に生命をそう見立てているにすぎない。

 本当のことをいえば、脳は生命にとって中枢ではない。そんな偉そうなものでは全然ない。というのも、脳は、それ自体では自発的に情報を作り出すことも、命令を下すこともできないからである。

 脳がなくても生命体は立派に成り立つ。実際にそのような生物はたくさんいる。ミミズなどははしご状の神経回路が頭部から尾部に均等に広がっているはずだ。もしミミズに「君の心はどこにあるの?」と尋ねたら、ミミズはぼんやりおなかのあたりを見るだろう。

 ところで、細胞にとって一番大事な仕事は何か。それは絶えず増大するエントロピー(乱雑さ)と戦うことである。

 世界が乱雑さが増大する方向にのみ進む。壮麗なピラミッドは年月とともに風化し、ダ・ヴィンチの傑作でさえ退色し、ひび割れする。

エントロピー増大に最も果敢に対峙しているのは何か。高度なの秩序を維持している私たちの生命体だ。

 いかにして?「動的平衡」によってである。動的平衡とは、細胞の内部にたまるエントロピーを絶えず外部にして続けることである。

 エントロピーは、酸化、変性、老廃物の蓄積といった形で絶え間なく生命に降り注ぐ。

 これと戦うため、生命は自らを頑丈に作るのではなく、むしろ常に壊しつつ、やりなおすと言う方法を選んだ。分解と更新の流れこそが生きていることの本質である。これが動的平行である。

生命は、動的な流れの中にある。

この動的平行の視点を、人間組織、社会のあり方、あるいは中央と地方の問題に当てはめることができるだろうか。
会社組織の硬直かや衰退、あるいは人口減少や過疎化による地方都市の不活性化やインフラの劣化は、すべてエントロピー増大の危機といえる。

 細胞は作ることよりも壊すことの方を一生懸命やっている。その上で動的平衡をフル回転して、柔軟性と可変性を取り戻す。そして生命は環境の変化に適応し、進化を遂げてきた。動的とは、物質・エネルギー・情報の動きのことだ。社会ならこれに人の動きが加わるだろう。

 最初に述べたように、首都と地方都市、中央と地方の関係でも使われる中枢と末梢とは、単なる見立ててあって主従関係ではない。進化の過程では、むしろ末梢の細胞が先にあり、生命の本体であり主催者だった。後になって末梢の利便性のために中枢が作られた。脳は末梢ための奉仕者としてある。首都や中央も地方の奉仕者であるはずだ。

 末梢は常に中枢を巧みに利用している。末梢で発生した事象は良いことであれ、悪いことであれ、すべて中枢に伝達される。中枢はそれを統合・整理して、各末梢に伝える。

 つまり末梢とって中枢とは、有用・有益なメディア装置なのである。この情報のやりとりによって末梢は、過剰なものを分けあい、足りないものを融通しあって、分散的な自律性を模索する。これを相補的な関係という。末梢同士の関係はローカルな相補性の中にある。

 ジグソーパズルのピースのように、地方と地方の相互性が少しずつ共鳴し、重なり合うことによって、大きく強靭なネットワークが生み出される。私たち人間の組織も、生命の動的平衡に学ぶべきである。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月22日 (火)

Hirokoの使ってよかったぁ~☆ 2015 

何かの話のついでに、
多くのひとにご紹介したりすることも多いので、
ここにまとめます。

「Hirokoの使ってよかった2015」~☆



皆さんは、どんなものがありますか??


【第4位】まもるくん
除菌、カビの防止、うがいにも。。。
何にでも使えちゃいます。
http://www.kaitekiseikatsu.co.jp/

偶然見つけたHPから、偶然、買ったら、とってもよくて
今や、すっかりリピーター。


【第3位】Tuiバーム
ニュージーランドのクリーム
http://health.healthpost.co.nz/search?w=tui

そもそもニュージーランドで買ったのが最初。
アレクサンダー・テクニークの目のワークを受けに、ニュージーランドに行った時のこと。
セミナーで一緒になったニュージーランド人がひつこく?勧めてくれたもの。
2種類買って帰ったらすごくよくてリピーターに。虫よけバームと虫さされたときのバーム。
今回はマッサージ用のバームも買ってみた。

やっぱりよいわ。100%天然なので、それも安心。
つけた時に、なんとも気持ちいい!

英語が苦手の方は、日本語のページもあります。
こちら
これはちょっと風邪引きそうなときとかに、喉や胸に塗って寝るといいですよ。



【第2位】オ・ランク・オランの石鹸
よく落ちるのに、クリームがいらないくらいしっとりする。
特に私は、「ミント」と「オレンジ」がお気に入り。
いつの頃からか、洗顔もクレンジングを使わず、これ一つに。

最初は、大阪の生徒からのプレゼントだった。
ありがとう!

行きつけの美容師さん、肌があれて困るというので
この石鹸を紹介すると。。。すっかりいいんだって。
今や、子供さんたちもみ~んなで使っているんだって。



【第1位】ソフトギム
なんとも柔らかいボール
「カテゴリー別一覧」をクリック
「Softgymnic」へ。

私のおすすめはNew Typeではなく、表面に凹凸のあるBasic Type。
私はもう数年前から、車に乗る時にも使っています。
ほんの少しだけ空気を入れて、背中のクッション代わりに。
運転中も、「脊椎を感じられて、Good!」な~んて言って
みんなに苦笑されてます。^^)v
座布団の代わりにもなるし、クッションの代わりにもなるし、大きなギムニクボールが持ち運べない時にも超便利!



自然で、使っていて気持ちよく、ずっと使いたくなるもの。
日常を助けてくれるもの。。。いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

トマトの季節

Tomato1507041


庭に1本だけ植えたトマト、
来年は3本植えよう!
な~んて思っていたけど
1本でものすごく大きくなって
十分。。。

何事も同じか?!
全部そのまま大きくするのではなく
ある時期に適当にまぶく
すると残りが大きく育つ。
なるほどなあ~

買うよりちょっと色が悪かったり、
皮が硬かったりするけれど
新鮮~、香りがいい~。。。。
朝採れトマトから、
今日も元気がいっぱいやってくる。


Tomato_1507042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

梅干しを漬ける季節になりました

そろそろ梅干しを漬ける季節でしょうか。
我が家では母がほぼ毎年、漬けています。

そして、出て来たこんなメモ用紙。。。

・平成10年6月24日(日)
  弘ちゃん門下生発表会
  市立美術館にて
  福大合唱団も出演

・平成15年6月4日
  梅1Kg 氷砂糖2袋 ホワイトリカー1本
  弘ちゃん6月2日アメリカへ
   サンフランシスコ~ポートランド
   国際会議参加
   13日シカゴより帰国、成田へ

・平成20年に漬ける時
  梅(大)2kg 塩300g
  梅は黄色くなるまで箱に広げて
  涼しいところに置く(1日~2日ぐらい)
  ホワイトリカーを上からかけると
  塩もよくとけるしカビもこない
  (カップ1ぐらい)重しをする
  梅酢が上がったらしそを入れる
  ガラスの皿で上からおさえておく
  容器は洗ってかわかしエタノールでふく
  土用干しはしそもいっしょに干す
  (そしたら皮がやわらかくなる)


・平成22年6月8日(大安)
  小梅3Kg 塩450g
  ビンはエタノールでふく
  しそ2束(1束400-)
  ホワイトリカー 1Cupふり入れる
  弘ちゃん 17日オランダへ

・平成23年6月8日(大安)
  梅3Kg 塩450g
  梅500-
  しそ2束800-
 
・平成24年6月11日(先勝)
  梅3Kg(○○さんよりもらった) 塩450g しそ2束

・平成25年6月4日(大安)
  梅3Kg 塩450g
    弘子 東京へ、富山へ


うわあ~、懐かしい「福山大学合唱団」
その当時、私は福山大学の一般教養で音楽の授業を受け持っていて
多い時は週8コマも授業をしていた。
楽しかったなあ~。そして混声合唱団ができたのだ。
男声が(私に騙されて?)ドイツ語で歌ったウエーバーの「狩人の歌」、
今でもよく覚えている。上手でびっくり!

シカゴから帰って来たのは、
アンドーヴァー・エジュケーターの会議にポートランドで参加したあと
シカゴのEricに会いに行ったのだ。
彼は倉敷で英語助手をしていて
オランダ留学前の私の英語は、彼のレッスンで進歩したのだ。
あの頃、倉敷の英語助手のネイティヴたちと交流をよくしてたな。
(倉敷はアメリカのカンザスシティとニュージーランドのクライストチャーチと姉妹都市だ。)

当初のうちおかしかったのは、
Ericの英語は聞き取れるのに、
Patrickの英語は聞き取れなかったこと。。。。(笑)
今でも聞き取りやすい英語と聞き取りにくい英語があるよなあ~。
そういえば、私の日本語は聴き取りやすいとフランス人に言われて
交換レッスンをしたこともあったなあ~。


しかし梅干しのメモに
私のことが書いてあるなんて。。。
母です。。。。はははっ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

Organic Shop in Amsterdam

Apple_140401

アムステルダムのオーガニック・ショップで
今日はリンゴジュースと果物を
買ってきました。

果物好きの私としたら
どこに行ってもまず探すのは果物......(笑)

ホテルだろうが
今回のような長期滞在のキッチン付きのお部屋だろうが
お部屋に果物があると落ち着きます。

で、このアップルジュース
今日のセール品だったんですが
あんまりおいしくなかった.........

オーガニックって、
オーガニックだからすごく美味しいものと
いかにもオーガニックという味で
あんまり美味しくないものに分かれますよね。

というわけで
やはりあまり美味しいとは思えない
オーガニックのスペインワインと混ぜて飲むと
まあまあでした。
(どうなんだろ、この混ぜる感覚は???…趣味よくない??)


そのお店に向かうまでの
風景を.......
Ams_namiki_140401


Bike_140401


よく見かけるこんな自転車、
子どもが乗っていたり、荷物を運んだり、
何ともエコで、実際的国オランダ。


日本だとこんな自転車、
流行らないだろうなあ~
なんたって自転車道の整備も違うしなあ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月31日 (月)

咳とPC操作は関連あり?~オランダ人は大きい!

咳がやっと治った...感じです。
今回の風邪は、
*夜が遅くなったこと
*暖房による乾燥
*長時間にわたるパソコン操作
この3つが原因だと自分で思っています。

というわけで、
*早くよく寝て
    ~疲れがたまていたのがよくわかりました
*乾燥を避け
     ~オランダに来た時点でこの心配はなくなりました
    日本の暖房もヨーロッパと同じシステムにならないものかな?
    日本にいる間は家では「ガーゼのマスク」...(笑)
    紙のマスクよりずっと気持ちいいよ、エコだし^^)v
*快適パソコン操作への移行
  ~つまり指先に力が入りすぎていたようなので、
   
   軽く指を動かす
   胸の筋肉が硬くならないように、息を詰めないように。

歌う人としては、「胸の柔らかさ」は必須です。
顎や舌のリラックスとともに。

 


さて、今日は。。。。ピアニストのマールテンさんとも練習しました。
7月の3回あるリサイタルの合わせです。
(プログラムはまだ全部決まっていないんですが...大汗
ここ数日で決めたいところ...咳もほぼ治ったし。)

合わせの後のツーショット。
Maartenhiroko_140331s


今年のリサイタルで、ちょうど10回目の来日となります。

そしてこの写真を撮ってくれたのは、
15歳になる彼の息子さんです。

Maartenandreas_140331s


マールテンさんは190㎝あるんですよ。
なのに息子さんのアンドレアスの方が背が高いという。。。

そういえば、エルナの娘さん、マイケも
もうすぐ20歳になるんですが、
180㎝あります。

アンドレアスに最初にあった時、彼は3歳、
マイケは生まれてすぐから知っています。

子どもを見ると、
年月がどれだけ経っているのか
よくわかります。

私は成長したんだろうか???


それにしても、今更ながらに
オランダ人は大きいです。


そのリサイタルですが

****************
川井弘子ソプラノリサイタル 2014
ピアノ:マールテン・ヒレニウス

7月2日(水)14:30開演
【倉敷】玉島市民交流センター・湊ホール

7月6日(日)15:00開演
【京都】バロックザール<青山財団助成公演>

7月11日(金)19:30開演
【東京】東京オペラシティ・リサイタルホール
********************

チラシもまだこれから制作します。
(遅れています。)
チケットのお問合せ先もまだこれから。

ひとまず、皆様、手帳にチェックを!
チラシが出来上がりましたら
すぐにお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧